ショップリスト/ショップインフォメーション

  • INTERIOR & LIFESTYLE GOODS
  • 北館 5F

エスニックショップMALAIKA MITIマライカ ミティ

営業時間 10:00〜21:00
電話番号 06-6485-7577
URL http://muk.malaika.jp/
対応カード おさんぽカード

全国で約80店舗あるエスニック店「MALAIKA」の中でも、ハイグレード専門店の「MALAIKA MITI」。
グランフロント大阪店は、東京青山店に続く2号店で関西初出店。
店内には、アメリカ直輸入の”ネイティブインディアン”手作りの”インディアンジュエリー”が数多く並びます。
手頃な物から一流アーティストの商品、ハイグレードターコイズまで幅広くラインナップされ、その数は国内最大級と言われます。
また、店内にはコアなカウボーイ&インディアンファンからクラシックアメリカンスタイルを好むセレクトショップ「TOMHORN」の商品も取り扱っています。
そして、ハイグレードの天然石や天然石パーツ、カレン族のシルバーパーツやアンティークパーツも取り扱っています。
店頭では、それらを使用したオリジナルブレスも作成できます。
経年変化を楽しむ一生もの・・・手作りの温もり・・・職人の思い・・・
流行に囚われずに、本当に良いものを集めた「MALAIKA MITI」是非お越し下さい。

ショップ最新情報

  • 2017.08.17 UP
  • new

Thomas Jim キングマンボロタイ
クラシカルな曲線を描く優雅さとワイルドさを兼ね備えたトップは古き良き時代の雰囲気を持っています。
全体は鋳型で作ったものではなく、なんとしずく型やリーフ型の立体的なパーツを板から作り一つ一つ貼り合わせていった職人の手仕事。
ボロチップもすべて手作業で作られ、ここぞという時のジュエリーに相応しい貫録です。

部族;ナバホ族
アーティスト;Thomas Jim
素材;Sterling Silver
ターコイズ;ナチュラルキングマン
石のサイズ;9mm×9mm
長さ;全長111cm
太さ;レザー直径9mm
トップのサイズ;70mm×61mm

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

●トーマスジムについて
1955年アリゾナ州に生まれ、1970年代後半からジュエリー製作を始めたトーマスジム。
Ronnie Bedonie、Pat Bedonieとも血縁があり、Wilson Jimを兄弟に持つトーマスは、家族の影響でシルバー製作を始めました。
ヘビーゲージのシルバーを使ったオールドスタイルを貫く彼の作品は、様々な賞を獲得し、今では数少なくなった本当のオールドスタイルのスタンプワークが感じられるものばかりです。

●キングマンについて
アリゾナ州キングマンでとれるターコイズ。
銅山として現在も開山しており、今でも採掘量が多く非常に有名な鉱山です。
水色~青に黒いマトリックスが入っているのが特徴ですが、色が変わりやすいため大半がスタビライズされることが多く、ナチュラルのものは珍しくなってきています。
鉄の化合物であるパイライトを含み、深い青をしているものや、均等に染み出すようなスパイダーウェブが入っているものは特にハイグレードになります。
さらにキングマンの中でもイサカピークというエリアで採掘されたものは非常にグレードが高く、コレクターの人気アイテムになっています。

  • 2017.08.17 UP
  • new

Tellasom 14.75ozレギュラーストレートデニム
パーツから生地に至るまで、すべてをMade in USAにこだわった珠玉の一品。
生地はLevisのXXシリーズに使用された最高級デニム生地"White Oak"を使用、ポケットの内側にはそれを皮肉った赤タブが… 見事アメリカンヴィンテージを再現したデニムパンツです。

material;コットン100%
color;NAVY
size;29~36インチ 
Made in USA

◆Tellason (テラソン)
2008年にTony PatellaとPete Searsonによって、サンフランシスコに設立されたデニムブランドです。
ブランド名は二人の名前からに由来します。
LEVI’S XX シリーズの生地を生産していた事で有名なコーンミルズ社のホワイトオークデニム使用しているのが最大の特徴です。
その当時の生地感をを再現する事で、昔ながらの凸凹としたデニムの経年変化が味わえます。
さらにレザーパッチやリベットなどのパーツや縫製も、すべてをMade in USAにこだわっています。
アメリカンプロダクトが減りつつある現在、自国生産でのモノづくりへの情熱を強く感じ取れます。
リアルアメリカンヴィンテージデニムを見事に再現しています。

  • 2017.08.16 UP
  • new

POINTER BRAND ヒッコリーストライプチョアコート
ポインター犬のロゴでお馴染み、老舗ワークウエアブランド・ポインターより、アメカジのド定番であるヒッコリー生地のチョアコートの登場です。
たっぷり物が入る大きめポケットや“pointer”のロゴが入った真鍮ボタンなど、実用性や耐久性の高いワークウエアならではのディティールが満載です。
生地は10ozの軽めデニム生地なので、柔らかく身体のラインに馴染みます。若干大きめに見える襟やショルダー部も自然と馴染むので、女性にもおススメです。
少し肌寒い日にさらっと羽織るカバーオールとして、またボタンを占めてシャツとしても通年着回しがききます。一枚でぐっとアメカジ顔になるアイテムです。

ブランド;POINTER BRAND
原産国;USA
素材;コットン100%
仕様;10ozヒッコリー生地/真鍮ボタン/フラップポケット×1/オープンポケット3

◆POINTER BRAND (ポインターブランド)
1913年バージニア州ブリストルで狩猟の競技服メーカー、KING-LOCKWOOD mfg社として創業した老舗のワークウエアブランドです。
これぞアメリカンという型のワークウエアがPOINTER BRANDの特徴です。
猟犬のポインターよりブランド名がつけられています。
ちなみにロゴに入っているポインターは、キング氏が大変可愛がっていたビルという犬で、競技での成績も素晴らしかったそうです。
※ブリストルは町の中央でバージニア州とテネシー州にわかれています。現在L.C.KING社はテネシー州ブリストルにあります。

  • 2017.08.16 UP
  • new

POINTER BRAND ブラウンダッチチョアコート
アメリカワークブランドと言えば代表的なポインター、今でもアメリカ生産にこだわり、良質なワークウェアを作り続けています。
本品はワークウエアならではのダックカラーが目を引くカバーオールです。
たっぷり入る多機能な4つのポケットがよりワーク感をだしています。 すっきりとしたシルエットなので着回しの効く一枚です。
生地はやわらかめなので、大きめの襟も馴染みやすく、女性も着やすいです。
少し肌寒い日におすすめの、チョアコートと呼ばれるカバーオールです。

◆POINTER BRAND (ポインターブランド)
1913年バージニア州ブリストルで狩猟の競技服メーカー、KING-LOCKWOOD mfg社として創業した老舗のワークウエアブランドです。
これぞアメリカンという型のワークウエアがPOINTER BRANDの特徴です。
猟犬のポインターよりブランド名がつけられています。
ちなみにロゴに入っているポインターは、キング氏が大変可愛がっていたビルという犬で、競技での成績も素晴らしかったそうです。
※ブリストルは町の中央でバージニア州とテネシー州にわかれています。現在L.C.KING社はテネシー州ブリストルにあります。



material; コットン100%
 ブラスボタン

color; BROWN

size; 別途サイズ表参照

detail; フラップポケット×1
 オープンポケット3

Made in USA

  • 2017.08.16 UP
  • new

POINTER BRAND ホワイトオークデニムチョアコート
1920年代リーバイスの生地を生産していた事で有名なコーンミルズ社のホワイトオークデニム生地を使用した、経年変化が愉しみなチョアコートと呼ばれるカバーオールです。
大きめで多機能な4つのポケットと、大きめな台襟が、いかにもワークな雰囲気をだしています。ブランドの代名詞と言える犬タグもシンプルなデザインの中でアクセントになっています。
藍色のデニム生地は着込む程に表情豊かなアメリカンデニムならではの風合いに。動きに合わせたアタリがでれば自分だけのワークウェアに仕上がります。
今でもアメリカ生産にこだわるポインターだからこその、THEアメリカンな一着です。

material;コットン100%/ブラスボタン
color; NAVY
detail;フラップポケット×1つ/オープンポケット×3つ 
Made in USA

◆POINTER BRAND (ポインターブランド)
1913年バージニア州ブリストルで狩猟の競技服メーカー、KING-LOCKWOOD mfg社として創業した老舗のワークウエアブランドです。
これぞアメリカンという型のワークウエアがPOINTER BRANDの特徴です。
猟犬のポインターよりブランド名がつけられています。
ちなみにロゴに入っているポインターは、キング氏が大変可愛がっていたビルという犬で、競技での成績も素晴らしかったそうです。
※ブリストルは町の中央でバージニア州とテネシー州にわかれています。現在L.C.KING社はテネシー州ブリストルにあります。

  • 2017.08.16 UP
  • new

Jennifer Curtisパイロットマウンテンペンダント
Jennifer Curtisのパイロットマウンテンを使用したプレートペンダントです。
肉厚で、ナゲットに近いラフな雰囲気のパイロットマウンテンが中心に、ベゼルにはぽってりと厚みを持たせ、一目でジェニファー作品とわかるスタンプワークで縁取られています。
ヘヴィゲージシルバーの鏡面仕上げで、高級感のある仕上がりとなっています。
シンプルな装いを、ジュエリーひとつでぐっとドレスアップする、そんな作品です

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Jennifer Curtis
【石】ナチュラルパイロットマウンテン
【石のサイズ】13mm×9mm
【全体のサイズ】45mm×26mm(バチカン部除く)
【バチカンの内径】8mm×5mm
【シルバーの厚み】約2mm


●Jennifer Curtisについて
ナバホ族の偉大なアーティストである、Thomas Curtisの娘であるジェニファー。
彼女の作品は、男性アーティストにはない感性と、トーマスから受け継いだ力強い作風をうまく取り入れたジュエリーです。
数少ない有名女性アーティストだからこそ、女性にも非常に人気があり、シンプルで合わせやすいため、ペアジュエリーにも人気のアーティストです。


●パイロットマウンテンについて
ネバダ州エメラルド郡にあり、一つの家族で所有、発掘を行っている鉱山です。
1970年代から発掘が始まり、現在も作業が続けられている比較的新しい鉱山になります。
色も多種多様であり、濃い水色から、薄緑、深みのある青や緑とバラエティーにとんでいます。
マトリックスに関しても、赤みのある茶色、こげ茶、黒とこちらもバリエーション豊かです。
なかでも、青みの強い美しいパイロットマウンテンはハイグレードとされています。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.16 UP
  • new

Tellason 14.75ozストレートテーパードデニム
パーツから生地に至るまで、すべてをMade in USAにこだわった珠玉の一品。
生地はLevisのXXシリーズに使用された最高級デニム生地"White Oak"を使用、ポケットの内側にはそれを皮肉った赤タブが… 見事アメリカンヴィンテージを再現したデニムパンツです。
シルエットは、裾に向かってまっすぐなクセの無いラインです。

material;コットン100%
color; NAVY
size; 29~36インチ 
Made in USA

◆Tellason (テラソン)
2008年にTony PatellaとPete Searsonによって、サンフランシスコに設立されたデニムブランドです。
ブランド名は二人の名前からに由来します。
LEVI’S XX シリーズの生地を生産していた事で有名なコーンミルズ社のホワイトオークデニム使用しているのが最大の特徴です。
その当時の生地感をを再現する事で、昔ながらの凸凹としたデニムの経年変化が味わえます。
さらにレザーパッチやリベットなどのパーツや縫製も、すべてをMade in USAにこだわっています。
アメリカンプロダクトが減りつつある現在、自国生産でのモノづくりへの情熱を強く感じ取れます。
リアルアメリカンヴィンテージデニムを見事に再現しています。

  • 2017.08.15 UP
  • new

Arnold Goodluck ビズビーバングル
ターコイズの中でも圧倒的な人気を誇るビズビー。
本コレクションはナチュラルのビズビーの美しさをシンプルに味わって頂ける、伝統的なデザインに仕上げました。
1960年代の極上のビズビーがそろったバングルは一生の財産になる美しい作品です。
マザーオブアースの贈り物、上質のビスビーの美しさをさりげなく身につける贅沢をお楽しみください。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Arnold Goodluck
【石】ナチュラルビズビー
【中央の石のサイズ】23mm×12mm
【幅】30mm
【内周】137mm

●Arnold Goodluckについて
アーノルドグッドラックは1964年生まれのナバホのシルバースミスです。
両親もまたシルバースミスであり、シルバーのメイキングは彼らから教わりました。
子供好きなアーノルドは、若い頃は学校の先生をしていましたが、代々アーノルド家の家業としていたシルバースミスの跡を継ぎたいと、1987年よりシルバー製作をスタートさせました。
そして奥さんのカーレィンもシルバースミスで、共同で製作しています。
彼らの作り出すジュエリーの幅は広く、シャドーボックスやワイヤーワークなど、コンテンポラリーからオールドスタイルまでこなします。
彼のジュエリーはすべてハンドメイドであり、個性的でかつとても丁寧な仕上がりです。

●ビズビーについて
アリゾナ州にあるビズビーでとれるターコイズ。
ビズビーも銅山で、ターコイズが発見されたのは6キロも深い地下だったそうです。
そこからとれた石は深い紺~黒に近いような青色に茶色~黒のマトリックスが入っており、色が非常に特徴的で人気のあるターコイズの一つになっています。
中でも、曇っているように見えるマトリックスが入っているものはスモーキービズビーやラベンダーなどと呼ばれ、コレクターアイテムの一つとなっています。
青色が濃く、その中から染み出しているようなマトリックスが入っているものが人気が高く、高価になります。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.15 UP
  • new

Robin Tsosie ナチュラルローンマウンテンバングル
1950~60年代にかけて採掘されたハイグレードの小粒ローンマウンテン。
チャールズロロマやプレストンモノンギなどを虜にした美しいターコイズです。
本コレクションはナチュラルローンマウンテンの美しさをシンプルに味わって頂く為に一切の装飾をあえて除いたデザインに仕上げた、一生の宝物になるレアで豪華な作品です。
スパイダーウェブが入った極上のローンマウンテン。
マザーオブアースの贈り物、上質のローンマウンテンの美しさをさりげなく身につける贅沢をお楽しみください。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Robin Tsosie
【ターコイズ】ナチュラルローンマウンテン
【中央の石のサイズ】5mm×5mm
【最大幅】20mm
【内周】140mm

●ローンマウンテンについて
ネバダ州のローンマウンテン鉱山のターコイズです。
まだ開山していますが、鉱山主の話によると今はほとんどとれないそうです。
鉱脈が少なく、そこからとれるターコイズは非常に硬く、変色しにくく、質が良いため、かなり貴重で高価です。
特に下から染み出しているような深く細かいスパイダーウェブが入ったLone Mtは、No.8よりはるかに高い値段で市場に出ています。
希少ターコイズのNo.1であるLander Blueに次ぐレア度で、一生の財産になるターコイズです。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.15 UP
  • new

Tellason 12.5oz カバーオールジャケット
ニューヨークのブルックリン発・セレクトショップ "SMITH+BUTLER"(スミスアンドバトラー)とのコラボ企画のカバーオール・ジャケットです。
クラシカルなドーナツボタンや、ギミックに富んだ様々なポケット、やや丸みのある襟など、一味違ったワークジャケットに仕上がっています。
ロゴ入りの鉛筆付など、面白いものを作ろうとする、ブランドのユニークなエッセンスが感じられます。
全てをMade in USAにこだわるのがTellason流。
生地はリーバイスのxxシリーズに使用されている事で有名なCONE MILS社のWHITE OAK RED LINE RAW SELVAGE DENIMを使用しています。
前立ての内側や襟元からセルビッチが覗く、デニム好きにはたまらない贅沢なディティールです。

material;コットン100%
color;NAVY
size;S,M,L
Made in USA

◆Tellason (テラソン)
2008年にTony PatellaとPete Searsonによって、サンフランシスコに設立されたデニムブランドです。
ブランド名は二人の名前からに由来します。 LEVI’S XX シリーズの生地を生産していた事で有名なコーンミルズ社のホワイトオークデニム使用しているのが最大の特徴です。
その当時の生地感をを再現する事で、昔ながらの凸凹としたデニムの経年変化が味わえます。
さらにレザーパッチやリベットなどのパーツや縫製も、すべてをMade in USAにこだわっています。
アメリカンプロダクトが減りつつある現在、自国生産でのモノづくりへの情熱を強く感じ取れます。
リアルアメリカンヴィンテージデニムを見事に再現しています。

  • 2017.08.14 UP
  • new

Arnold Goodluck ビズビーバングル
ターコイズの中でも圧倒的な人気を誇るビズビー。
本コレクションはナチュラルのビズビーの美しさをシンプルに味わって頂ける、伝統的なデザインに仕上げました。
1960年代の極上のビズビーがそろったバングルは一生の財産になる美しい作品です。
マザーオブアースの贈り物、上質のビスビーの美しさをさりげなく身につける贅沢をお楽しみください。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Arnold Goodluck
【石】ナチュラルビズビー
【中央の石のサイズ】24mm×10mm
【幅】32mm
【内周】148mm

●Arnold Goodluckについて
アーノルドグッドラックは1964年生まれのナバホのシルバースミスです。
両親もまたシルバースミスであり、シルバーのメイキングは彼らから教わりました。
子供好きなアーノルドは、若い頃は学校の先生をしていましたが、代々アーノルド家の家業としていたシルバースミスの跡を継ぎたいと、1987年よりシルバー製作をスタートさせました。
そして奥さんのカーレィンもシルバースミスで、共同で製作しています。
彼らの作り出すジュエリーの幅は広く、シャドーボックスやワイヤーワークなど、コンテンポラリーからオールドスタイルまでこなします。
彼のジュエリーはすべてハンドメイドであり、個性的でかつとても丁寧な仕上がりです。

●ビズビーについて
アリゾナ州にあるビズビーでとれるターコイズ。
ビズビーも銅山で、ターコイズが発見されたのは6キロも深い地下だったそうです。
そこからとれた石は深い紺~黒に近いような青色に茶色~黒のマトリックスが入っており、色が非常に特徴的で人気のあるターコイズの一つになっています。
中でも、曇っているように見えるマトリックスが入っているものはスモーキービズビーやラベンダーなどと呼ばれ、コレクターアイテムの一つとなっています。
青色が濃く、その中から染み出しているようなマトリックスが入っているものが人気が高く、高価になります。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.14 UP
  • new

Robin Tsosie ナチュラルBisbee リング
ターコイズの中でも圧倒的な人気を誇るビズビー。
本コレクションはナチュラルのビズビーの美しさをシンプルに味わって頂く為に一切の装飾をあえて除いたデザインに仕上げた、一生の宝物になるレアで豪華な作品です。
1960年代の鮮やかなブルーのビズビーがそろった美しいクラスター。
ビズビーらしい赤茶色のマトリックスが入った、素晴らしいビズビーです。
マザーオブアースの贈り物、上質のビスビーの美しさをさりげなく身につける贅沢をお楽しみください。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Robin Tsosie
【ターコイズ】ナチュラルビズビー
【中央の石のサイズ】12mm×11mm
【最大幅】51mm
【リングサイズ】18号


●ビズビーについて
アリゾナ州にあるビズビーでとれるターコイズ。
ビズビーも銅山で、ターコイズが発見されたのは6キロも深い地下だったそうです。
そこからとれた石は深い紺?黒に近いような青色に茶色?黒のマトリックスが入っており、色が非常に特徴的で人気のあるターコイズの一つになっています。
中でも、曇っているように見えるマトリックスが入っているものはスモーキービズビーやラベンダーなどと呼ばれ、コレクターアイテムの一つとなっています。
青色が濃く、その中から染み出しているようなマトリックスが入っているものが人気が高く、高価になります。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.13 UP
  • new

Philander Begay イェイモチーフペンダント
フィランダービゲイのトゥファキャストのペンダントです。
ナバホ族の精霊、イェイのモチーフ、ネックレスを施しているのがポイントです。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Philander Begay
【全体のサイズ】48mm×38mm(バチカンを除く)
【バチカンのサイズ】10mm×8mm

※こちらの商品にはトゥファ(石の型)がつきませんので、あらかじめご了承くださいませ。

●Philander Begayについて
1982年アリゾナ州に生まれたフィランダービゲイ。
2000年からジュエリー製作をスタートした若手アーティストでありながら、デザインセンスと技術で一躍有名アーティストとなりました。
トゥファキャストで有名なDarrell Begayのいとこにあたり、彼からトゥファキャストを学び、そこからインレイワークやストーンワークなど様々な手法に挑戦しています。
ホピやナバホ族の伝統的なデザインを刻んだトゥファキャストの作品の精度はすばらしく、ジュエリーショーでも様々な賞をすでに獲得し様々なギャラリーから引っ張りだこの人気アーティストです。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.13 UP
  • new

Robin Tsosie ナチュラルBisbeeバングル
ターコイズの中でも圧倒的な人気を誇るビズビー。
本コレクションはナチュラルのビズビーの美しさをシンプルに味わって頂く為に一切の装飾をあえて除いたデザインに仕上げた、一生の宝物になるレアで豪華な作品です。
1960年代の鮮やかなブルーのビズビーがそろった美しいクラスター。
ビズビーらしい赤茶色のマトリックスが入った、素晴らしいバングルです。
マザーオブアースの贈り物、上質のビスビーの美しさをさりげなく身につける贅沢をお楽しみください。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Robin Tsosie
【ターコイズ】ナチュラルビズビー
【中央の石のサイズ】22mm×18mm
【最大幅】56mm
【内周】141mm

●ビズビーについて
アリゾナ州にあるビズビーでとれるターコイズ。
ビズビーも銅山で、ターコイズが発見されたのは6キロも深い地下だったそうです。
そこからとれた石は深い紺?黒に近いような青色に茶色?黒のマトリックスが入っており、色が非常に特徴的で人気のあるターコイズの一つになっています。
中でも、曇っているように見えるマトリックスが入っているものはスモーキービズビーやラベンダーなどと呼ばれ、コレクターアイテムの一つとなっています。
青色が濃く、その中から染み出しているようなマトリックスが入っているものが人気が高く、高価になります。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.12 UP
  • new

Sunshine Reeves スタンプワークバングル
サンシャインリーブスの新デザイン、女性におススメの珍しいバングルタイプです。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Sunshine Reeves
【幅】10mm
【内周】197mm

●Sunshine Reevesについて
おなじみゲーリーリーブスの2歳下の弟、サンシャインリーブス。
本名はDaniel Reevesです。
巧妙なスタンプと、重厚なシルバーが特徴です。
兄ゲーリーは裏まで届きそうな深いスタンプ、ワイルド&オールドなスタイルに対して、サンシャインは繊細でずれの少ない正確なスタンプといった感じです。
中でもシャドーボックスと呼ばれるタイプは日本でも非常に人気があります。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.12 UP
  • new

JohnMichaelLister インゴットシルバーリング
Ernie Listerの息子、John Michael Listerのリングです。
90.0%で鋳造されたインゴットシルバーを使った作品です。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】John Michael Lister
【幅】11mm
【リングのサイズ】13.5号

INGOT SILVER 90%

●John- Michael Listerについて
1986生まれの若手アーティスト。
父はいわずと知れたインディアンジュエリー界の巨匠Ernie Lister。
9歳のころから父の仕事を手伝っていたという彼は、筋金入りのシルバースミスです。
2000年ごろから自分のオリジナルジュエリー製作に本腰を入れ始めました。
伝統的な道具で作る父の仕事に加え、若手ならではのセンスでインレイや天然石を使ったりとトラディショナルを一歩抜け出すアート作品を生み出しています。
ナバホ族の儀式や文化にも詳しく、ナバホ族の人でも見たことのないような非常に伝統的モチーフを使うことも得意としています。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.11 UP
  • new

John Michael Lister ビズビーバングル
Ernie Listerの息子、John Michael Listerのビズビーのバングルです。
ビズビーでデザインされた三角形が美しく配置されています。
右上の先端にはルビーがついています。
90.0%で鋳造されたインゴットシルバーを使った作品です。
ナバホ族の儀式、サンドペインティングで描かれる精霊をモチーフにしています。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】John Michael Lister
【石】ナチュラルビズビー、ルビー
【石のサイズ】14mm×20mm、3mm×3mm
【幅】35mm
【内周】146mm

INGOT SILVER 90%

●John- Michael Listerについて
1986生まれの若手アーティスト。
父はいわずと知れたインディアンジュエリー界の巨匠Ernie Lister。
9歳のころから父の仕事を手伝っていたという彼は、筋金入りのシルバースミスです。
2000年ごろから自分のオリジナルジュエリー製作に本腰を入れ始めました。
伝統的な道具で作る父の仕事に加え、若手ならではのセンスでインレイや天然石を使ったりとトラディショナルを一歩抜け出すアート作品を生み出しています。
ナバホ族の儀式や文化にも詳しく、ナバホ族の人でも見たことのないような非常に伝統的モチーフを使うことも得意としています。

●ビズビーについて
アリゾナ州にあるビズビーでとれるターコイズ。
ビズビーも銅山で、ターコイズが発見されたのは6キロも深い地下だったそうです。
そこからとれた石は深い紺~黒に近いような青色に茶色~黒のマトリックスが入っており、色が非常に特徴的で人気のあるターコイズの一つになっています。
中でも、曇っているように見えるマトリックスが入っているものはスモーキービズビーやラベンダーなどと呼ばれ、コレクターアイテムの一つとなっています。
青色が濃く、その中から染み出しているようなマトリックスが入っているものが人気が高く、高価になります。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.11 UP
  • new

Harrison Jim  トゥファキャスト コーラルピアス
コーラルビーズを使ったトゥファキャストのピアスです。
シークレットハートと呼ばれる1920年代のイスレタ族に伝わるダブルクロスのデザインをトゥファキャストで描き出し、ハンドメイドのフックとサンゴのビーズを組み合わせた手の込んだピアスです。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Harrison Jim
【全体のサイズ】44mm×17mm(フックをのぞく)

※フック部分はシルバーです。
※こちらの商品にはトゥファ(石の型)がつきませんので、あらかじめご了承くださいませ。
※こちらの商品は刻印がございませんので、あらかじめご了承くださいませ。

●Harrison Jimについて
1970年生まれでナバホの母とアイリッシュの父を持つ彼は、ナバホリザベーションで育ちました。
ナバホの習慣の元で育った彼は、シルバースミスであった祖父の影響でジュエリー製作を始めました。
高校ではJesse MonongyaやTommy Jacksonらのジュエリー製作のクラスをとり、そこで本格的に学んだそうです。
彼の作品は精巧なインレイワークから大胆なナバホのオールドスタイルまでと幅広いです。
赤土の大きな山の近くに、彼の工房とするホーガンはあります。
時にロック、時にクラシック、音楽を聴きながら作られる彼の作品は、シンプルながら細部までこだりが感じられ、正確なスタンプワークと類をみないボリューム感が一目で彼の作品だと主張しています。
恰幅のいい体つきと優しい笑顔、彼からはシルバースミスとしての確固たる誇りを感じます。


※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.10 UP
  • new

Delbert Gordon 14金スタンプワークバングル
久々の入荷、デルバートゴードンのシルバースタンプワークバングルです。
トップには14金のバンプアウトスターが使われていて、細かい細工と絶妙なオールドスタイルのいぶしが非常に美しい作品です。
あまり作ることがない細身のバングルは重ね付けにもぴったりです。

部族;ナバホ族
アーティスト;Delbert Gordon
素材;Sterling Silver・一部14K
幅;12mm
内周;145mm
開口部;32mm

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

●デルバートゴードンについて
1955年にアリゾナ州Fort Defianceに生まれ、ニューメキシコ州 Tohatchiで育ったデルバートゴードン。
甥っ子には同じくトップアーティストとして知られるデリックゴードンがいます。
独学で始めたジュエリー製作は27年にも及び、オールドスタイルを得意とする彼のジュエリーは、厚みのあるシルバープレートを使用し、しっかりと深く刻まれたスタンプや均等に配置されたコンチョなど隅々まで手がこんだジュエリーが特徴です。
常に新しいデザインを生み出そうとする彼の製作意欲には毎回目を見張るばかりです。
とても活発的な奥さんと対照的に物静かで独特の空気感を持ったデルバートですが、ふと冗談を言って周りを和やかな雰囲気にさせてくれる人柄がとても印象的です。

  • 2017.08.10 UP
  • new

Edison Sandy Smith スタンプワークバングル
エディソンサンディスミスの珍しいシンプルなスタンプワークのみのバングルです。
最小限の道具で作り上げられた、人気のエディソンのスタンプワークが活かされた作品に仕上がっています。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Edison Sandy Smith
【最大幅】28mm
【内周】152mm

●エディソンサンディスミスについて
1953年に生まれ1970年代からジュエリー製作を始めたエディソンサンディスミス。
Ron BedonieやPatricia Bedonieのいとこでもある彼は今でも都会とは離れたナバホリザベーションのホーガンに住み、伝統的な生活を送っています。
スタンプワーク、インゴッドと呼ばれる銀の塊を伸ばして鋳造されるシルバー、こだわったターコイズ、すべてが彼のセンスにかなったものではなければならない、まさに職人のオールドスタイルアーティストです。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.09 UP
  • new

Eddison Sandy Smith リング
エディソンサンディスミスのスタンプワークリングです。
中心のバンプアウトと呼ばれるスタンプがエディソンの象徴。
オールドジュエリーのような雰囲気がしっかりと味わえます。

部族;ナバホ族
アーティスト;Eddison Sandy Smith
素材;Sterling Silver
幅;13mm
リングサイズ;14号

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

●エディソンサンディスミスについて
1953年に生まれ1970年代からジュエリー製作を始めたエディソンサンディスミス。
Ron BedonieやPatricia Bedonieのいとこでもある彼は今でも都会とは離れたナバホリザベーションのホーガンに住み、伝統的な生活を送っています。
スタンプワーク、インゴッドと呼ばれる銀の塊を伸ばして鋳造されるシルバー、こだわったターコイズ、すべてが彼のセンスにかなったものではなければならない、まさに職人のオールドスタイルアーティストです。

  • 2017.08.09 UP
  • new

Robin Tsosie キャリコレイクバングル
シンプルなキャリコレイクのバングルです。
パステルカラーの鮮やかなキャリコレイクを使用しています。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Robin Tsosie
【石】ナチュラルキャリコレイク
【石のサイズ】15mm×12mm
【最大幅】23mm
【内周】141mm

●キャリコレイクについて
黄緑色のターコイズとして知られるキャリコレイク。
元は金の鉱山でした。
亜鉛が含まれることによって緑~黄緑になった鉱石の中に白~茶色のウェブが入っているのが特徴です。
様々な色のバリエーションがありますが、透き通るような透明感があり、かつ細かいスパイダーウェブが入っているものはアップルグリーンと呼ばれ、非常に高価です。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.08 UP
  • new

Andy Cadman コーラルリング
コーラルを使用した大ぶりのクラスターリングです。
中心の大きなサイズのコーラルは非常に貴重で高価なものです。
アンディキャドマンの豪快なスタンプワークが施された味のある古いジュエリーのような仕上がりが非常に美しいリングです。

部族;ナバホ族
アーティスト;Andy Cadman
素材;Sterling Silver
ターコイズ;ナチュラルコーラル
石のサイズ;21mm x 17mm
幅;44mm
リングサイズ;17号

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

●アンディキャドマンについて
1966年ニューメキシコ、ギャラップに生まれ1989年からジュエリーを作っているアンディキャドマン。
リーブス兄弟の異父兄弟です。
キャドマン兄弟の中でもひときわ大きな体で、力いっぱい押すスタンプや、アンディオリジナルのサイドに使われるコンチョが特徴です。
日本でも有名ですが、気が向いたらジュエリーを作る…というスタイルなので出回っている量はそれほど多くありません。
ぜひマライカでご覧になってください。
刻印はA.Cadmanです。

  • 2017.08.08 UP
  • new

Gerald Lomaventema オーバーレイバングル
トゥファキャスト×オーバーレイのバングルです。
表面は、半分は熊の足跡、半分はジェラルドのクランでもある熊が描かれた珍しいデザインです。
裏面にはトゥファキャストで描かれた幾何学的な水のデザイン。まさに一点もののオシャレなバングルです。

【部族】ホピ族
【アーティスト名】Gerald Lomaventema
【幅】12mm
【内周】137mm

●Gerald Lomaventemaについて
Hopiの定番であるオーバーレイ技法からキャスティング技法、インレイ技法と非常に表現の幅が広い作家です。
日本でも知名度が高く、ホピジュエラーとして年に1回来日しジュエリーショーに参加しています。
愛らしい動物モチーフから細かいカチナモチーフまで、その確かな技術とデザインセンスで彼のジュエリーは不動の人気があり、数々の賞を受賞しています。
自らのスピリチュアルな体験もあり、ホピの伝統や文化をとても大切にしています。
彼のクラン (氏族)は中でも最もパワフルでリーダー格とされるベアクランです。
刻印にはベアハンドが使われています。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.07 UP
  • new

Gerald Lomaventema オーバーレイリング
サンフェイスとバッファローのオーバーレイリングです。
立体的にデザインされたサンフェイスのサイドには水の流れとカメが描かれています。

【部族】ホピ族
【アーティスト名】Gerald Lomaventema
【幅】15mm
【リングサイズ】14号

●Gerald Lomaventemaについて
Hopiの定番であるオーバーレイ技法からキャスティング技法、インレイ技法と非常に表現の幅が広い作家です。
日本でも知名度が高く、ホピジュエラーとして年に1回来日しジュエリーショーに参加しています。
愛らしい動物モチーフから細かいカチナモチーフまで、その確かな技術とデザインセンスで彼のジュエリーは不動の人気があり、数々の賞を受賞しています。
自らのスピリチュアルな体験もあり、ホピの伝統や文化をとても大切にしています。
彼のクラン (氏族)は中でも最もパワフルでリーダー格とされるベアクランです。
刻印にはベアハンドが使われています。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.07 UP
  • new

Jason Takala キングマンオーバーレイペンダント
ホピ族を代表する作家、ジェイソンタカラのペンダントです。
水の少女がモチーフとなっており、少女のまとうネックレスには14金が使われています。
大切に胸に抱くのは、水の石・ターコイズの代表ともいえるキングマン。
胸元を印象深く演出する、ジュエリーと呼ぶにふさわしい1点です。

部族;ホピ族
アーティスト;Jason Takala
素材;Sterling Silver・14金
ターコイズ;ナチュラルキングマン
石のサイズ;7mm×10mm
全体のサイズ;51mm×40mm(バチカン部除く)
バチカンの内径;12mm×6mm

●ジェイソンタカラについて
いわずと知れたホピ族のオーバーレイの巨匠、ジェイソンタカラ。
1955年HopiのShungopavi村に生まれスノー(雪)氏族に属し、現在はアリゾナ州ホーブロックの自宅で作品を作っています。
数々の賞を受賞し様々な雑誌でとりあげられているように、メイズに代表される彼のオーバーレイはそのカットの細かさと14金などとの組み合わせが大変美しいものとなっています。
メイズ以外のモチーフにはパターンがなく感情やイメージから一つの作品を作り上げるため、 様々なモチーフが組み合わされ、その時によって少しずつ違っていて同じ作品がないというのも特徴。
ジュエリーを通してホピの魂や文化を表しているという、まさに真のアーティスト。
突然頭の中にイメージがわきあがってくることがよくあり、夜中でもインスピレーションがわくとむくっと起き上がってデッサンするとか。
そんな美術品のようなジュエリー、本当に一生の宝物になります。

●キングマンについて
アリゾナ州キングマンでとれるターコイズ。
銅山として現在も開山しており、今でも採掘量が多く非常に有名な鉱山です。
水色~青に黒いマトリックスが入っているのが特徴ですが、色が変わりやすいため大半がスタビライズされることが多く、ナチュラルのものは珍しくなってきています。
鉄の化合物であるパイライトを含み、深い青をしているものや、均等に染み出すようなスパイダーウェブが入っているものは特にハイグレードになります。
さらにキングマンの中でもイサカピークというエリアで採掘されたものは非常にグレードが高く、コレクターの人気アイテムになっています。

  • 2017.08.06 UP
  • new

Perry Shorty パージャンリング
ペリーショーティー作、ナチュラルパージャンを使った、珍しいデザインのスターリングシルバーのリングです。
コンチョのようなモチーフを使った非常に手の込んだ作品です。
リングの製作は要望が大変多いそうなのですが、あまり作らないそうです。ようやく入手できた貴重な1点です。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Perry Shorty
【ターコイズ】ナチュラルパージャン
【石のサイズ】 10mm×10mm
【トップのサイズ】直径37mm
【最小幅】5mm(リング裏部分)
【リングサイズ】16号

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

●Perry Shortyについて
ペリーショーティ―はニューメキシコ州生まれでナバホ族です。
22歳からジュエリー作りを始め、とても有名な話ですが古い銀貨を使用した伝統的な技法が特徴です。
昔のジュエラーのように最低限の道具だけを使用し、せかせかせずにひとつひとつ丁寧に時間をかけて作り上げる作風も彼のこだわりです。
年に3回しかショーに出展しないらしく、彼のブースの前には夜中から列が出来るほど世界中に多くのコレクターを持つとても有名でレアなジュエラーです。
ショーの開始時間にはすでに売り切れるほどで、運良く彼の作品に触れる機会があっても一人1点しか購入できません。

●パージャンについて
パージャン(ペルシャン)ターコイズは、イランの複数の鉱山から産出されます。
その多くの鉱山は10世紀始めころにはすでに採掘されていたことが記録に残っているようです。
インディアンジュエリー以外でも宝飾類としてセットされることも多く、何の模様も入っていない真っ青な水色から様々なマトリックスの入った濃い青色まで、どちらも高く評価されており高値で取引されている石のひとつです。

  • 2017.08.06 UP
  • new

Arnold Goodluck ブルーオアシスバングル
アーノルドグッドラックのブルーオアシスのバングルです。
赤茶色の独特なマトリックスが表情豊かなターコイズのブルーオアシス。
オールドスタイルのスタンプワークとマッチした作品です。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Arnold Goodluck
【ターコイズ】ナチュラルブルーオアシス
【石のサイズ】16mm×37mm
【最大幅】27mm
【内周】147mm

●Arnold Goodluckについて
アーノルド・グッドラックは1964年生まれのナバホのシルバースミスです。
両親もまたシルバースミスであり、シルバーのメイキングは彼らから教わりました。
子供好きなアーノルドは、若い頃は学校の先生をしていましたが、代々アーノルド家の家業としていたシルバースミスの跡を継ぎたいと、1987年よりシルバー製作をスタートさせました。
そして奥さんのカーレィンもシルバースミスで、共同で製作しています。
彼らの作り出すジュエリーの幅は広く、シャドーボックスやワイヤーワークなど、コンテンポラリーからオールドスタイルまでこなします。
彼のジュエリーはすべてハンドメイドであり、個性的でかつとても丁寧な仕上がりです。
家族とても仲がよく、遊びに行くと温かい家族の雰囲気にホッとさせられます。
幼い頃から仕事をする両親のそばで育った子供達はみんなしっかりしています。
子供達も積極的に手伝いをしており、ショーなどでは一緒にブースに立っている姿を目にします。
また、趣味でローピング(ロデオの一種)をするアーノルドは家に大きな牧場があり、大きな彼の体を支える馬はとても立派です。
アーノルドの人柄は良き父でありカーボーイといった感じです。

●ブルーオアシスについて
1970年代から現在もネバダ州トノパで採掘されているブルーオアシス。パイロットマウンテンやキャンデラリア鉱山と近く、赤茶色のマトリックスが入った独特のハイグレードストーンを生み出します。グリーンがかったものから青みのあるものまでさまざまな色が採掘されますが、中でも赤茶色のウェブが全体に入った透明感のある青緑のものはハイグレードで非常に美しいです。

◆インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.05 UP
  • new

Perry Shorty ターコイズマウンテンリング
ペリーショーティー作、1940年代の古いターコイズマウンテンを使ったスターリングシルバーのリングです。
リングの製作は要望が大変多いそうなのですが、あまり作らないそうです。
ようやく入手できた貴重な1点です。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Perry Shorty
【ターコイズ】ナチュラルターコイズマウンテン
【石のサイズ】26mm×15mm
【幅】最大30mm 最小5mm
【リングサイズ】17.5号

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

●Perry Shortyについて
ペリーショーティ―はニューメキシコ州生まれでナバホ族です。
22歳からジュエリー作りを始め、とても有名な話ですが古い銀貨を使用した伝統的な技法が特徴です。
彼の使用する銀貨は1890年?1915年にその当時の造幣局の彫刻部長チャールズ・E・バーバーによってデザインされたBarber Coinsと呼ばれるコインを使用しています。
製作工程は、溶かした銀貨をトーファと呼ばれる硬い石の中に流し込み、熱い状態のままハンマーで叩きながらシルバーの厚みなどを決めていきます。
その後スタンプを施します。
彼が銀貨を使用した作品には「Coin Silver」と刻印されています。
昔のジュエラーのように最低限の道具だけを使用し、せかせかせずにひとつひとつ丁寧に時間をかけて作り上げる作風も彼のこだわりです。
年に3回しかショーに出展しないらしく、彼のブースの前には夜中から列が出来るほど世界中に多くのコレクターを持つとても有名でレアなジュエラーです。
ショーの開始時間にはすでに売り切れるほどで、運良く彼の作品に触れる機会があっても一人1点しか購入できません。

●ターコイズマウンテンについて
アリゾナ州キングマンの近くターコイズマウンテン。
空色から薄緑色のターコイズに、中から染み出してくるような金~黒色のスパイダーウェブが入っているのが特徴です。
中でも濃いブルーでターコイズを囲むようなウェブが入っているものはバードアイ(鳥の目)と呼ばれ、人気があり高価です。

  • 2017.08.05 UP
  • new

TOM HAWK シルバーバングル
シンプルな作風で人気のトムホークの作品です。
ファイブラインのボリュームのあるバングルで、鏡面仕上げと深い溝の暗さのコントラストがシャープな印象。
装いを選ばず人気のジュエリーです。

【アーティスト】TOM HAWK
【内周】145mm
【開口部】27mm
【幅】24mm
【シルバーの厚み】最大5mm

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.05 UP
  • new

オールドポーン キングマンネックレス
キングマンのナゲットを連ねた迫力のあるオールドポーンネックレスです。
星の様なパイライトを多く含んだ石で、掘り出したものを荒く磨いただけの荒々しいナゲットをそのまま使用している個性的なもので、一見派手なデザインに見えますが経年変化で落ち着いた色合いが上品で、ぜひ実際に身に着けて頂きたい素晴らしいネックレスです。

【部族】不明
【アーティスト】不明
【使用石】ナチュラルキングマン、オリーブシェル、 【ネックレス全周】約77cm
【トップの石】約23mm×13mm

※オールドジュエリーですので、経年のくすみや傷などがあります。
 ご了承の上お買い求めください。

●オールドポーンについて
Pawn(ポーン)とは、英語で質入、質草、と言う意味。 Pawn Jewelry(ポーンジュエリー)は、何らかの事情でお金を返せず、質流れしたジュエリーのことで、その中でも基本的には30年以上たっているもののことをOld Pawn(オールドポーン)といいます。
本来、”お金”の文化がなかったインディアンたちは、財産を、家畜やジュエリーの形で持っていました。
今でも、銀行に預けたり、現金で貯金している人は多くありません。
お金が必要になったときには、持っているジュエリーなどを質屋(Pawn Shop)に持っていき、現金を得ると言う事が今でも日常的に行われています。
Pawn Shopに預けられたジュエリーは、一年間、持ち主の名前が貼られて金庫に保管され、その一年間にお金を返せば、ジュエリーを買い戻すことが出来ますが、何らかの事情で買い戻せなかった物が、質流れしてお店に並ぶ事になるのです。

●キングマンについて
アリゾナ州キングマンでとれるターコイズ。
銅山として現在も開山しており、今でも採掘量が多く非常に有名な鉱山です。
水色~青に黒いマトリックスが入っているのが特徴ですが、色が変わりやすいため大半がスタビライズされることが多く、ナチュラルのものは珍しくなってきています。
鉄の化合物であるパイライトを含み、深い青をしているものや、均等に染み出すようなスパイダーウェブが入っているものは特にハイグレードになります。さらにキングマンの中でもイサカピークというエリアで採掘されたものは非常にグレードが高く、コレクターの人気アイテムになっています。

  • 2017.08.04 UP
  • new

Ernie Lister 14K×ビズビーリング
アーニーリスターの総14金×ビズビーの財産になるリングです。
石を見た瞬間に、これは金しかないと思ったという透明感と深い青味の美しいハイグレードビズビーを使用した作品。
アーニーリスターには珍しく、すべてを14金で仕上げています。
金はターコイズの美しさを引き立てるともいわれ、ビズビーの美しさをさらに引き出すためにあえてシンプルなラインのデザインでまとめています。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Ernie Lister
【ターコイズ】ナチュラルビズビー
【石のサイズ】23mm×12mm
【幅】最大34mm 最小6mm
【リングサイズ】17号
【素材】14K ALL GOLD(総14金)



◇アーニーリスターについて
1953年生まれ、アリゾナ州プレスコット在住のアーティストです。
義理の兄弟でもあるペリー・ショーティーに彫金を教えた人物でもあります。
昔ながらの伝統的な手法でシルバージュエリー制作を行う事を貫いていて、他では見られない大胆なデザイン、スタンプワーク、石使いが魅力です。
モルガンダラーなどのアンティークコインシルバーを溶かして使用した物ももちろん、通常のシルバーを使うときもコインシルバーを混ぜ込んで使うなど、彼の質感へのこだわりは尽きる事がありません。
シルバースミスであるとともにメディスンマンでもある彼の作品には、古来から息づくネイティブアメリカンの伝統が宿っています。

◇ビズビーについて
アリゾナ州にあるビズビーでとれるターコイズです。
ビズビーも銅山で、ターコイズが発見されたのは6キロも深い地下だったそうです。
そこからとれた石は深い紺~黒に近いような青色に茶色~黒のマトリックスが入っており、色が非常に特徴的で人気のあるターコイズの一つになっています。
中でも、曇っているように見えるマトリックスが入っているものはスモーキービズビーやラベンダーなどと呼ばれ、コレクターアイテムの一つとなっています。
青色が濃く、その中から染み出しているようなマトリックスが入っているものが人気が高く、高価になります。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.03 UP
  • new

Sparks Masawytewa 3Dボックスペンダント
ホピ族Sparks Masawytewaの手の込んだ3Dボックスペンダントです。
たくさんの層のカッティングシルバーを重ねることで描き出した美しい絵画のようなペンダント。
マッドヘッドカチナとハミングバードが刻まれ、表面も美しく削りだしてあります。

【部族】ホピ族
【アーティスト名】Sparks Masawytewa
【全体のサイズ】35mm×27mm(バチカンを除く)
【バチカンの内径】7mm×3mm
【シルバーの厚み】4mm

●Sparks Masawytewaについて
1968年生まれ。21歳の時にホピの学校でジュエリーメイキングを習い、その後同じくシルバースミスである兄弟のGary Masawytewaの下でさらに技術を磨いたそうです。
アート好きの彼はジュエリー制作の他、ペインティング、タトゥーデザインなどの創作活動もしています。
『自分のジュエリーにはパターン(複製生産用の型)がなく、その時湧きあがったイマジネーションをシルバーに起こしているんだ。』そう語る彼のジュエリーはそれぞれが世界に一つしかなく、それは彼の誇りでもあります。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.03 UP
  • new

Ernie Lister パージャンバングル
アーニーリスターらしい力強いチゼルワークで刻まれた、シンプルなバングルです。
エッジ部分に使用されたパージャンターコイズは、1940年代から60年代の作品によく使われていた青味の強いものです。
鍛造された肉厚のシルバーを使用しています。
鍛造とは、ただの鋳造とは違い、溶かして固めた金属を、また熱しては叩き、熱しては叩き、を幾度も繰り返すことで、金属を鍛え上げることで、大変な労力を必要とします。
古くから日本刀にも使われる技術で、硬く、かつ靭性に富んだ、ジュエリーとしても最高の銀に仕上がります。
そうして鍛え上げた、厚く硬い銀板を、フルスイングで叩き出して、細かいデザインを刻む。アーニーにしかできない力強さを感じられます。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Ernie Lister
【ターコイズ】ナチュラルパージャン
【石のサイズ】9mm×7mm(画像右の石)
【最大幅】21mm
【内周】150mm
【開口部】23mm
【シルバーの厚み】約2.5mm 90.0% ingot silver

●Ernie Listerについて
1953年生まれ、アリゾナ州プレスコット在住のアーティストです。
義理の兄弟でもあるペリー・ショーティーに彫金を教えた人物でもあります。
昔ながらの伝統的な手法でシルバージュエリー制作を行う事を貫いていて、他では見られない大胆なデザイン、スタンプワーク、石使いが魅力です。
モルガンダラーなどのアンティークコインシルバーを溶かして使用した物ももちろん、通常のシルバーを使うときもコインシルバーを混ぜ込んで使うなど、彼の質感へのこだわりは尽きる事がありません。
シルバースミスであるとともにメディスンマンでもある彼の作品には、古来から息づくネイティブアメリカンの伝統が宿っています。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.02 UP
  • new

Harrison Jim ダブルクロスネックレス
すべてハンドメイド、オールドスタイルのダブルクロスのデザインの豪華なネックレスです。
ビーズもフックもすべてハンドメイドの1920年代の非常に古いイスレタ族のネックレスのスタイルを再現した素晴らしい作品です。
ハンドメイドならではの重み、ハリソンならではの細かい技術を隅々まで感じることができます。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Harrison Jim
【トップのサイズ】98mm×47mm
【長さ】74センチ(フックとビーズ)
【ビーズの幅】11mm
※こちらの商品にはトゥファ(石の型)がつきませんので、あらかじめご了承くださいませ。

●Harrison Jimについて
1970年生まれで、ナバホの母とアイリッシュの父を持つ彼は、ナバホリザベーションで育ちました。
ナバホの習慣の元で育った彼は、シルバースミスであった祖父の影響でジュエリー製作を始めました。
高校ではJesse MonongyaやTommy Jacksonらのジュエリー製作のクラスをとり、そこで本格的に学んだそうです。
なので彼の作品は精巧なインレイワークから大胆なナバホのオールドスタイルまでと幅広いです。
赤土の大きな山の近くに、彼の工房とするホーガンはあります。
時にロック、時にクラシック、音楽を聴きながら作られる彼の作品は、シンプルながら細部までこだりが感じられ、正確なスタンプワークと類をみないボリューム感が一目で彼の作品だと主張しています。
恰幅のいい体つきと優しい笑顔、彼からはシルバースミスとしての確固たる誇りを感じます。

  • 2017.08.02 UP
  • new

Jennifer Curtis ナチュラル#8バングル
ジェニファーカーティスのナンバーエイトのバングルです。
クラシックな茶色いウェブが澄んだ空色に入ったハイグレードのナンバーエイトを3個も使用した贅沢な逸品。
ジェニファーの鏡面磨きのシルバーが石に非常にマッチしています。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Jennifer Curtis
【ターコイズ】ナチュラル ナンバーエイト
【中央の石のサイズ】20mm×16mm
【内周】147mm

●Jennifer Curtisについて
ナバホ族の有名なアーティストであるThomas Curtisの娘であるジェニファー。
彼女の作品は男性アーティストにはない感性と、トーマスから受け継いだ力強い作風をうまく取り入れたジュエリーで、数少ない有名女性アーティストだからこそ、女性にも非常に人気があります。
シンプルで合わせやすいため、ペアジュエリーにも人気のアーティストです。

●ナンバーエイトについて
ターコイズファンの中でも1.2の人気を誇るナンバー8ターコイズ。
ネバダ州の鉱山で、開山していたのは1929年から1961年までです。
青~空色にいわずと知れた黒~金色のスパイダーウェブが入っているのが特徴で、中でも細かいマトリックスがぎっしりと入り、深い青をしているものは非常にハイグレードです。
希少で人気が高いため、市場に出回るのはコレクターの収集していたものがほとんど。
もちろん、閉山している鉱山なので非常に価値があるターコイズです。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.01 UP
  • new

Jennifer Curtisハンドメイドウォレットチェーン
Jennifer CurtisとパートナーのRay Skeetとのコラボレーション作品、ヘビーシルバーのチェーンを二人でハンドメイドしたウォレットチェーンです。
シルバーチェーンは作る人が非常に少なく、その中でもしっかりとした重さのあるハンドメイドチェーンは現在ではほとんど見ることができなくなっています。
こちらはそんなヘビーシルバーチェーンを、ウォレットチェーンに仕立てたプレミアムなアイテム。
ジェニファーとレイの刻印入りミニプレートが付いています。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Jennifer Curtis&Ray Skeet
【チェーンの太さ】8mm~11mm
【ひとコマのサイズ】24mm×8mm(長丸の部分)
【全長】約47cm (フックを含む)

※金具部分はシルバーではありません
※撮影に使用したものと同デザインですが、1点ずつ手作りのため、細かい部分で多少異なる場合がございます。


●Jennifer Curtisについて
ナバホ族の有名なアーティストであるThomas Curtisの娘であるジェニファー。
彼女の作品は男性アーティストにはない感性と、トーマスから受け継いだ力強い作風をうまく取り入れたジュエリーで、数少ない有名女性アーティストだからこそ、女性にも非常に人気があります。
シンプルで合わせやすいため、ペアジュエリーにも人気のアーティストです。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.08.01 UP
  • new

Howard Nelson サンバスートキャリコレイクリング
ハワード・ネルソンの代表作サンバーストの作品です。
最高水準の技術による、正確なカッティングにハイグレードの鮮やかなキャリコレイクを合わせ、シンプルに仕上げられた美しい一生もののリングです。
ハンドメイドとは思えない一環として緻密で丁寧な作品。
一流の職人の手から生まれる美には、ほれぼれするばかりです。

部族;ナバホ族
アーティスト;Howard Nelson
素材;Sterling Silver
ターコイズ;ナチュラルキャリコレイク
石のサイズ;15mm x 12mm
幅;30mm
リングサイズ;18号

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

●Howard Nelsonについて
1951年アリゾナ州ウィンスロー生まれのハワードネルソン。
1970年よりジュエリー製作を始め、伝統的なものから現代的なものまで幅広いデザインを持っています。
彼のジュエリーの特徴は、ハンドメイドと思えない程の繊細で正確なカットにあります。完璧と言う言葉がふさわしい彼のオーバーレイは非常に高い技術力で作られており多くの人々を魅了し続けています。
どこを見回してもきちっと整頓された工房は、まるで彼のジュエリーのように細部まで手が行き届いた清々しい印象です。
穏やかな喋り口調で朗らかな笑顔と、妥協を許さない完璧なジュエリーとのギャップが日本でも多くの人々を惹きつける理由のひとつなのかもしれません。
刻印は「HOWARD」です。

●キャリコレイクについて
黄緑色のターコイズとして知られるキャリコレイク。
元は金の鉱山でした。
亜鉛が含まれることによって緑~黄緑になった鉱石の中に白~茶色のウェブが入っているのが特徴です。
様々な色のバリエーションがありますが、透き通るような透明感があり、かつ細かいスパイダーウェブが入っているものはアップルグリーンと呼ばれ、非常に高価です。

  • 2017.07.31 UP
  • new

Jock Favor コインシルバーバングル
ジョックフェイバーのコインシルバーのバングルです。
とにかく細かいスタンプワークがびっしりと施され、サイドのリポウズは後ろから力強く叩いていることが分かる迫力満点の作品です。
オールドスタイルの極みともいえる素晴らしいバングルに仕上がっています。

部族;ノンネイティブ
アーティスト;Jock Favor
素材;Coin Silver
幅;42mm
シルバーの厚み;2mm
内周;144mm
開口部;42mm

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

●Jock Favorについて
インディアンではなく、白人のアーティストであるジョック・フェーバー。
3世代にわたってインディアンジュエリーやアメリカ南西部の文化に深くかかわってきた彼は、1800年代にインディアンジュエリーが伝わってきた、その時のままの製法を完全に再現したジュエリーを作り出します。
現地のトレーディングポストでも、インディアンジュエリーの中に並ぶ唯一の白人アーティストとして認められた存在です。
銀はすべてインゴッドシルバーから、石もすべてハンドカットされ、一見するだけでは全く新しい作品とは分からない素晴らしい技術を持ったアーティストです。

  • 2017.07.30 UP
  • new

Edison Sandy Smith ボウガードリング
ボウガードをモチーフにした存在感のあるリングです。
ケトー(ボウガード)と呼ばれる伝統的なモチーフを、大変大胆なデザインのリングにしています。
これひとつでインパクトのある上級コーディネートに。

部族;ナバホ族
アーティスト;Edison Sandy Smith
素材;Sterling Silver
リングサイズ;16号
トップのサイズ;58mm×39mm

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございま

●Edison Sandy Smithについて
1953年に生まれ1970年代からジュエリー製作を始めたエディソンサンディスミス。
Ron BedonieやPatricia Bedonieのいとこでもある彼は今でも都会とは離れたナバホリザベーションのホーガンに住み、伝統的な生活を送っています。
スタンプワーク、インゴッドと呼ばれる銀の塊を伸ばして鋳造されるシルバー、こだわったターコイズ、すべてが彼のセンスにかなったものではなければならない、まさに職人のオールドスタイルアーティストです。

  • 2017.07.29 UP
  • new

Steve Arviso ローンマウンテンバングル
STEVE ARVISOの豪華なローンマウンテンのバングルです。
1950年代のローンマウンテンを使用しています。
古い味がたまらない、ハイグレードのターコイズです。
あくまでシンプルに石の美しさを引き立てるデザインは長年身に付けても飽きがきません。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Steve arviso
【ターコイズ】ナチュラルローンマウンテン
【石のサイズ】24mm×22mm
【内周】139mm

●Steve Arvisoについて
1987年からジュエリー作りを始めたスティーブアルビソ。
オールドスタイルの巨匠である故Harry Morgan氏と非常に親しく、彼のジュエリースタイルの唯一の継承者です。
Harry Morganにジュエリー作りを教えてほしいといい続けたところ、教えないけど作るところを見ていいと言われ、現在のスティーブのスタイルにたどり着いたそうです。

●ローンマウンテンについて
ネバダ州のローンマウンテン鉱山のターコイズです。
まだ開山していますが、鉱山主の話によると今はほとんどとれないそうです。
鉱脈が少なく、そこからとれるターコイ ズは非常に硬く、変色しにくく、質が良いため、かなり貴重で高価です。
特に下から染み出しているような深く細かいスパイダーウェブが入ったLone Mtは、No.8よりはるかに高い値段で市場に出ています。
希少ターコイズのNo.1であるLander Blueに次ぐレア度で、一生の財産になるターコイズです。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.28 UP
  • new

Steve Arviso ホースウィスパラーバングル
スティーブアルビソの人気アイテム「ホースウィスパラー」バングルです。
馬具からインスピレーションを受けたデザインで、馬へささやくように語りかけ馬と人との心をつなぐ、そんなイメージから作られたこのバングル。
カウボーイとして馬を調教することの多いスティーブならではの名品です。
こちらのバングルはその中でもやや太めでワイルドなデザインです。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Steve Arviso
【内周】150mm
【開口部】26mm
【最大幅】21mm
【ワイヤーの太さ】約5mm


※こちらのバングルはサイズ直しが出来ません
※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

●Steve Arvisoについて
1987年からジュエリー作りを始めたスティーブアルビソ。
オールドスタイルの巨匠である故Harry Morgan氏と非常に親しく、彼のジュエリースタイルの唯一の継承者です。
Harry Morganにジュエリー作りを教えてほしいといい続けたところ、教えないけど作るところを見ていいと言われ、現在のスティーブのスタイルにたどり着いたそうです。
スティーブのジュエリーは石の美しさを際立たせるため、余計なものを省き、シンプルに仕上げられています。
普段は馬の世話で忙しいスティーブ、何事にも非常に真面目で熱心。
そんなまっすぐな姿勢がジュエリーにも表れています。

  • 2017.07.27 UP
  • new

ナチュラルカチナ(サンフェイス)
踊っている姿がかわいいネイティブアメリカンのサンフェイスのカチナドールです。
ナチュラルなウッド素材で1つ1つハンドメイドで作られるカチナドール。
その名前のように太陽が笑っているような表情にほっこりさせられます。
お部屋の片隅にインテリアとして置いておきたくなりますね!

原産国;USA
素材;ウッド
サイズ;約13.5cm(台座含む)

●カチナ(Kachina/Katsina)について
カチナは本来プエブロ族が信仰する精霊とされています。
ハンドメイドで作られるカチナドールはカチナの形や意味、役割などを代々子へ受け継ぐ際に作られてきた教材のようなものでしたが、現代に至る間にホピ族以外の部族でも美術品やお土産としても作られるようになっています。
ここでご紹介しているナチュラルカチナはナバホ族のハンドメイドによるものです。

●サンフェイス(SUN FACE)について
ネイティブアメリカンの間ではサンカチナやtawaやdawaと呼ばれています。
太陽はその光によって彼らに豊かな恵みを与えることからサンフェイスカチナは最も力のあるカチナの1つとされています。

※商品の特徴について
ハンドメイドの商品の為、サイズは多少の誤差がございます。
天然の木を使った商品ですので写真と色見などが多少異なる場合がございますので、何卒ご了承ください。
こちらのカチナは一つひとつ手作業で制作されたものですので、形状や表情などがそれぞれ微妙に異なります。
また、制作時の汚れやキズなどが多少ある場合もございます。
台座が木の乾燥などによりひびが入っているものがございますがこちらは普通にみられる状態ですので通常の商品として扱っております。
予めご了承ください。

  • 2017.07.27 UP
  • new

Charleston Lewis 別注オーダーリング
マライカオリジナルオーダー作品、CHARLESTON LEWISの月と太陽のリングです。

【部族】ホピ族
【アーティスト名】Charleston Lewis
【幅】23mm
【リングサイズ】18.5号

●Charleston Lewisについて
ホピのShungopavi村に生まれ、1992年からジュエリーを作成しているチャールストンルイス。
若いホピアーティストで、3Dのような立体的なジュエリーを作るのが彼の特徴です。
サンフェイスが飛び出しているような 何層にもなったオーバーレイが非常に斬新です。
イーグルやドクロなどをモチーフにして、男性に人気があります。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.26 UP
  • new

ネイティブアメリカン ハンドメイドドリームキャッチャー
ドリームキャッチャーはネイティブアメリカンの間に伝わるお守りで、彼らの間では夜空は夢と善良さと悪い夢でできていると考えられています。
ドリームキャッチャーにより「悪い夢は蜘蛛の巣状の網に捉えられ、夜明けと共に消え去り、良い夢だけが輪を通り抜け、羽を伝わって眠っている者に入る」という意味を持っているそうです。
ネイティブアメリカンのスピリッツが伝わるお守りの一つとなっています。
寝室の枕元の東側に飾っておくのが本来の飾り方ですが、インテリアとして玄関やリビングなどのほか車内へ飾っている風景も多くみられるようになりました。
お祝いやプレゼントしても喜ばれます。

生産国;USA
素材;鹿革/フェザー/ターコイズ/ビーズ
サイズ;Φ31cm×55cm

※写真はイメージです。
 写真と柄や色見などが異なって見えるる場合がございます。
※サイズは多少の誤差がございます。

  • 2017.07.26 UP
  • new

Ernie Lister レッドマウンテンバングル
小粒のレッドマウンテンをたくさん使用したワイルドなデザインのバングルです。
オールドジュエリーにインスピレーションを受けたという珍しい配置やスタンプの味はアーニーの作品ならではです。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Ernie Lister
【ターコイズ】ナチュラルレッドマウンテン
【最大の石のサイズ】10mm×8mm
 計8個の石が使われています。
【幅】25mm
【内周】150mm
【開口部】32mm

●アーニーリスターについて
1953年生まれで、アリゾナ州プレスコット在住のアーティストです。
義理の兄弟でもあるペリー・ショーティーに彫金を教えた人物でもあります。
昔ながらの伝統的な手法でシルバージュエリー制作を行う事を貫いていて、他では見られない大胆なデザイン、スタンプワーク、石使いが魅力です。
モルガンダラーなどのアンティークコインシルバーを溶かして使用した物ももちろん、通常のシルバーを使うときもコインシルバーを混ぜ込んで使うなど、彼の質感へのこだわりは尽きる事がありません。
シルバースミスであるとともにメディスンマンでもある彼の作品には、古来から息づくネイティブアメリカンの伝統が宿っています。

●レッドマウンテンについて
ネバダ州ランダー郡Cortez近郊に位置し、1971年に発見されました。
とても硬く、錆びたような赤色の複雑なスパイダーウェブが入り、濃い青色から青緑色が特徴です。
その硬度は穴を開けてネックレスにしたり出来るほどです。
ローンマウンテンやランダーブルーにも匹敵するほどの小さくてハイグレードのナゲットも産出します。
大変有名で高価な石のひとつです。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.25 UP
  • new

7月の誕生石 極上品!!インカローズペンダント
極上の発色と、素晴らしい透明感をあわせ持つ、アルゼンチン産のインカローズを使用したペンダントです。
光をやわらかく透過するほどの透明度です。
鉱山の閉山が相次いでおり、近年流通量が激減しているインカローズ。
鮮やかなローズピンクが、肌を一層艶やかにみせる、女性必見のひと粒です。
7mmの厚みがある、ぷっくりとしたドロップ型のインカローズを、シンプルな枠におさめています。

【石の産地】アルゼンチン
【素材】インカローズ(ロードクロサイト)、シルバー925
【サイズ】
<石のサイズ>
25mm×19mm  石の厚さ 7mm
<バチカンの内径>
6mm×4mm



**************

●インカローズ(ロードクロサイト)【Incarose(Rhodochrosite)】
インカローズは愛称で、鉱物名はロードクロサイト。
インカ文明の地で高品質なものが採掘されるため、 ”インカの薔薇”、インカローズという名がつきました。
ピンクと白の代理石状の縞があるものが多く、 ピンク1色で発色がよく、透明感のあるものは高品質とされます。
女性人気ナンバーワンの石です。

**************

【ご注意】
※インカローズはあまり硬くないため、他の石や金属などにぶつけると傷がつきやすい石です。
 着用時はご注意下さい。
※シルバーは、年月で黒く硫化します。
 黒ずんでしまった際は、シルバー磨きクロスなどでのお手入れでもOKです。
 着用後、汗や汚れなどが付着したままにしておくと、黒ずみの原因になりますので、柔らかい布でふき取ってください。
 その後しばらく着用しない場合は、空気を遮断できるジップ袋などで保管することで、硫化(黒ずみ)をふせぐことが出来ます。
※写真と実物とに、光の入り具合等の事情により、若干異なる場合があります。
 また、撮影には照明を使用しておりますので、明るい室内で見た色合いとなっております。

  • 2017.07.25 UP
  • new

Ernie Lister ローンマウンテンバックル
シンプルなオールドスタイルで再現した美しいバックル、後ろの金具部分もすべてインゴッドシルバーから成形された手の込んだ作品です。
古い石のため、石の中に少しラインが入っていますが使用には問題ありません。
90.0のコインシルバーと同じ純度で鋳造した銀を使っています。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Ernie Lister
【ターコイズ】ナチュラルローンマウンテン
【石のサイズ】13mm×18mm
【全体のサイズ】58mm×72mm
【ベルト幅】32mm

●アーニーリスターについて
1953年生まれでアリゾナ州プレスコット在住のアーティストです。
義理の兄弟でもあるペリー・ショーティーに彫金を教えた人物でもあります。
昔ながらの伝統的な手法でシルバージュエリー制作を行う事を貫いていて、他では見られない大胆なデザイン、スタンプワーク、石使いが魅力です。
モルガンダラーなどのアンティークコインシルバーを溶かして使用した物ももちろん、通常のシルバーを使うときもコインシルバーを混ぜ込んで使うなど、彼の質感へのこだわりは尽きる事がありません。
シルバースミスであるとともにメディスンマンでもある彼の作品には、古来から息づくネイティブアメリカンの伝統が宿っています。

●ローンマウンテンについて
ネバダ州のローンマウンテン鉱山のターコイズです。
まだ開山していますが、鉱山主の話によると今はほとんどとれないそうです。
鉱脈が少なく、そこからとれるターコイズは非常に硬く、変色しにくく、質が良いため、かなり貴重で高価です。
特に下から染み出しているような深く細かいスパイダーウェブが入ったLone Mtは、No.8よりはるかに高い値段で市場に出ています。
希少ターコイズのNo.1であるLander Blueに次ぐレア度で、一生の財産になるターコイズです。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.24 UP
  • new

7月の誕生石 極上品!!インカローズブレスレット
これがインカローズ?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
なかなかお目にかかれない、極上の逸品です。

極上の発色と、素晴らしい透明感をあわせ持つ、 アルゼンチン産 ロイヤルAAグレードのインカローズが入荷しました!!
鉱山の閉山が相次いでおり、近年流通量が激減しているインカローズ、 しかも海外のミネラルショーでもまず目にできないクラスの、超ハイグレードな石を使用したブレスレットです。
12mmの大粒でありながら、柔らかに光が透けるほどの透明感です。

【石の産地】アルゼンチン
【素材】インカローズ(ロードクロサイト)、シリコンゴム
<手首周り>
約170mm(ゴムにより伸縮性あり。)
<石>
約12mm玉(若干のバラつきあり。)


**************

●インカローズ(ロードクロサイト)【Incarose(Rhodochrosite)】
インカローズは愛称で、鉱物名はロードクロサイト。
インカ文明の地で高品質なものが採掘されるため、 ”インカの薔薇”、インカローズという名がつきました。
ピンクと白の代理石状の縞があるものが多く、 ピンク1色で発色がよく、透明感のあるものは高品質とされます。
女性人気ナンバーワンの石です。

**************

【ご注意】
※インカローズはあまり硬くない石のため、他の石や金属などにぶつけると傷がつきやすい石です。
 着用時はご注意下さい。
 また、どうしても石と石の触れる部分に白傷が出来てしまいますのでご了承下さい。
※写真と実物とに、光の入り具合等の事情により、若干異なる場合があります。
 また、撮影には照明を使用しておりますので、明るい室内で見た色合いとなっております。

  • 2017.07.24 UP
  • new

Philander Begay トゥファキャストバングル
ホピ族の村、キヴァと呼ばれる住居が描かれた珍しい細身のバングルです。
小さめサイズなので女性にもおすすめです。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Philander Begay
【最大幅】12mm
【内周】127mm

●Philander Begayについて
1982年アリゾナ州に生まれたフィランダービゲイ。
2000年からジュエリー製作をスタートした若手アーティストでありながら、デザインセンスと技術で一躍有名アーティストとなりまPhilander Begayした。
トゥファキャストで有名なDarrell Begayのいとこにあたり、彼からトゥファキャストを学び、そこからインレイワークやストーンワークなど様々な手法に挑戦しています。
ホピやナバホ族の伝統的なデザインを刻んだトゥファキャストの作品の精度はすばらしく、ジュエリーショーでも様々な賞をすでに獲得し様々なギャラリーから引っ張りだこの人気アーティストです。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.23 UP
  • new

チアパス産 メキシコアンバーペンダントトップ
チアパス産のアンバーをそのままクロス型に彫り上げたペンダントです。
シンプルに手彫りされた、ナチュラルな雰囲気のクロスで、 実際に教会の前などで売られていたりするアイテムです。
”チアパスアンバー”とは、メキシコ・チアパス州でとれる琥珀のことを指します。
チアパス州は産出量世界第3位の琥珀の産地で、黄色みがかった茶の琥珀が多く産出されます。

【石の産地】メキシコ・チアパス
【素材】アンバー、シルバー(925刻印なし)
【サイズ】
<石のサイズ>
約62mm×33mm
<バチカンの内径>
約9mm×5mm



*************

●アンバー(琥珀)【Amber】
樹脂や樹液が、長い年月によって化石化したものがアンバー(琥珀)です。
古代ローマでは災厄を避けるとされ、飲み薬としても使用されていました。
古代中国では、虎の魂が石になったものとされ、漢方薬として使用されることもあり、清の西太后が愛飲していたと伝えられています。


  • 2017.07.23 UP
  • new

Floyd Lomakyuvaya オーバーレイネックレス
ホピ族、Floyd Lomakuyuayaのネックレスです。
厚みのあるシルバーとハンドメイドチェーンがとても美しい作品。
サンフェイス、コーン、雨雲、ココペリ、稲妻とホピの代表的な人気モチーフがちりばめられています。

【部族】ホピ族
【アーティスト】Floyd Lomakuyuaya
【石】ナチュラルモレンシ
【石のサイズ】14mm×8mm
【中心のオーバーレイのサイズ】18mm×13mm
【サイドのオーバーレイのサイズ】17mm×12mm
【長さ】60cm

●モレンシについて
アリゾナ州モレンシの鉱山で採れたターコイズです。
この鉱山も銅山だったため、水色~青色に、鉄の化合物であるパイライトや黄鉄が含まれているのが最大の特徴です。
モレンシからは色々な色が採掘されますが、青が深く、塊状のマトリックスがバランスよく入っているものが高価になります。

●Floyd Lomakyuvayaについて
1973年からシルバーワークをはじめたホピ族、シュゴパビ村に住むフロイドロマキュヴァヤ。
刻印の「T」はアンテロープと呼ばれる鹿の一種に使われるガラガラのモチーフです。
細かいカットと、シルバーといぶしのコントラストで描き出す2トーンのモチーフがほかのホピ族のアーティストとは一味違った雰囲気をかもし出します。
ホピ族の儀式では大切な役割を持つ存在でもあり、伝統的なホピのモチーフをジュエリーにして刻むことで文化を継承することを祈る、非常に真摯なアーティストです。


※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.22 UP
  • new

希少!! スティブナイトインクォーツブレスレット
水晶の透明度が高い粒を使用しており、スティブナイトの硬質な光が楽しめます。
黒系の天然石との重ねづけなどもお勧めです。

【石の産地】ルーマニア産
【素材】スティブナイトインクォーツ(スティブナイト入り水晶),シリコンゴム
【サイズ】
<手首周り>
約170mm(ゴムにより伸縮性あり。)
<石>
約10~11mm(若干のバラつきあり。)



**************

●スティブナイトインクォーツ【Stibnite In Quartz】
水晶の中に、スティブナイト(輝安鉱)という鉱物が入った石で、 産出量が少なく、水晶コレクターに非常に人気のある石です 。
スティブナイトの表面はよく光を反射するため、 水晶の中でキラキラと光るさまが見て取れます。
効能としては、かなり広い意味合いを持っていますが、今自分が何をなすべきか悩んでいる方、すべき事がスムーズに進まない方にオススメです。

  • 2017.07.22 UP
  • new

Cyrus Josytewa ココペリボロタイ
ホピ族、Cyrus Josytewaのオーバーレイのボロタイです。
細かいカットで描き出された対象の水の流れ、ココペリが雨を降らせる様子が描かれたシンプルなボロタイです。
シャツスタイルは勿論、Tシャツなどでラフに着用しても様になるアイテムです。

【部族】ホピ族
【アーティスト名】Cyrus Josytewa
【トップのサイズ】49mm×49mm
【全体の長さ】98センチ

◆インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.21 UP
  • new

超高品質】アルゼンチン産インカローズ シルバーペンダント
極上の発色と、素晴らしい透明感をあわせ持つ、アルゼンチン産のインカローズを使用したペンダントトップです。
鉱山の閉山が相次いでおり、近年流通量が激減しているインカローズ、 光をやわらかく透過するほどの透明度が素晴らしい石。
鮮やかなローズピンクが、肌を一層艶やかにみせる、女性必見のひと粒です。
7月の誕生石なので、女性へのプレゼントとしてもオススメです。

こちらは、8mmの厚みがある、ぷっくりとした上質のインカローズを、シンプルな枠におさめています。

【石の産地】アルゼンチン
【素材】インカローズ(ロードクロサイト)、シルバー925
【サイズ】
<石のサイズ>
32mm×22mm  石の厚さ 8mm
<バチカンの内径>
5mm×3mm

※別売りでチェーンもご用意しております。

**************

インカローズ(ロードクロサイト)【Incarose(Rhodochrosite)】
インカローズは愛称で、鉱物名はロードクロサイト。
インカ文明の地で高品質なものが採掘されるため、 ”インカの薔薇”、インカローズという名がつきました。
ピンクと白の代理石状の縞があるものが多く、 ピンク1色で発色がよく、透明感のあるものは高品質とされます。
女性人気ナンバーワンの石です。


**************

【ご注意】
※インカローズはあまり硬くないため、他の石や金属などにぶつけると傷がつきやすい石です。
 着用時はご注意下さい。
※シルバーは、年月で黒く硫化します。
 黒ずんでしまった際は、シルバー磨きクロスなどでのお手入れでもOKです。
 着用後、汗や汚れなどが付着したままにしておくと、黒ずみの原因になりますので、柔らかい布でふき取ってください。
 その後しばらく着用しない場合は、空気を遮断できるジップ袋などで保管することで、硫化(黒ずみ)をふせぐことが出来ます。
※写真と実物とに、光の入り具合等の事情により、若干異なる場合があります。
 また、撮影には照明を使用しておりますので、明るい室内で見た色合いとなっております。
SHOPPING GUIDE

  • 2017.07.21 UP
  • new

Darryl Dean Begay #8キャストペンダント
名工Darryl Begayのトゥファキャスト×ナンバーエイトのペンダントです。
ナバホ語でケイトと呼ばれる、ボウガードに使われるデザインです。
美しい空色のナンバーエイトをセットした、ギフトにもおすすめのペンダントです。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Darryl Dean Begay
【ターコイズ】ナチュラルナンバーエイト
【石のサイズ】11mm×7mm
【全体のサイズ】42mm×20mm(バチカン部分を除く)
【バチカンの内径】直径5mm

※こちらの商品にはトゥファ(石の型)がつきませんので、あらかじめご了承くださいませ。

●Darryl Dean Begayについて
アリゾナ州に生まれたナバホ族アーティストであるダリルビゲイ。
ナバホ族の文化を吹き込んだ独自のスタイルのトゥファキャストやインレイで数々の賞を受賞しています。
ファッション雑誌にも特集を組まれるなど、幅広い分野で活躍するトップアーティストです。
様々なトップアーティストと技術を共有したからこその技術と、ナバホ族の風景や歴史を刻んだ背景のあるデザインセンスと真摯な姿勢が現れる作品を生み出しています。

●ナンバーエイトについて
ターコイズファンの中でも1.2の人気を誇るナンバーエイトターコイズ。
ネバダ州の鉱山で、1929年から1961年まで開山していました。
青~空色にいわずと知れた黒~金色のスパイダーウェブが入っているのが特徴です。
中でも細かいマトリックスがぎっしりと入り、深い青をしているものは非常にハイグレードです。
希少で人気が高いため、市場に出回るのはコレクターの収集していたものがほとんど。
もちろん、閉山している鉱山なので非常に価値があるターコイズです。    

◆インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.20 UP
  • new

Phyllis Coonsis クラスターピアス
Phyllis Coonsisの鮮やかなクラスターのピアスです。
女性作家らしい、やわらかい色使いがとても可愛い一品です。
すべて自然の素材を使った、手の込んだ作品となっています。

【部族】ズニ族
【アーティスト名】Phyllis Coonsis
【全体のサイズ】50mmx17mm
【石の種類】ターコイズ、ワイルドホース、スパイニーオイスター、コーラル、シェル数種、マラカイトなど


●Phyllis Coonsis
1960年生まれで1970年代より祖母であるMyra Qualoに習いジュエリー制作を始めました。
そして兄弟のHarlen Coonsisの元で更に技術を磨いたそうです。
彼女の得意とする絶妙な色合いのクラスター(花形)ジュエリーは女性アーティストならではの感性が光っています。
まるで貝や石を絵の具のように色鮮やかに細部まで丁寧に仕上げたジュエリーは、身に付けた人を一段と美しくみせてくれます。
ジュエリーを作る事を楽しんでいる彼女の作品は見ているこちらまでハッピーな気持ちにさせてくれます。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.19 UP
  • new

Natasha Peshlakai スタンプワークピアス
ナターシャペシュラカイの大人気、ウサギモチーフのピアスです。

【部族】ナバホ族
【アーティスト】Natasha Peshlakai
【サイズ】26mm×11mm(フックを除く)

※着用写真は特殊フックを使用して撮影しております。
 衛生面を考慮して、直接試着しておりませんので御安心くださいませ。

●Natasha Peshlakaiについて
1981年生まれの女性若手アーティスト、ナターシャペシュラカイ。
父は有名なNorbert Peshlakaiで、父ノーバート独特のスタンプワークを継承しながらも、女性ならではのセンスで父とは少し違ったかわいく身近な作品を作り出します。
自分の独特のセンスで生み出したデザインを自慢とする彼女は、父の作風を受け継ぎながらも自分の作品にとても自信を持って新しい作品を作っていく、今後が期待できるアーティストです。

◆インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.18 UP
  • new

Tommy Jackson ビズビーリング
トミージャクソンの、ナチュラルビズビーを使ったオールドスタイルのリングです。
サイズが小さめなので、女性は勿論、男性のピンキーリングとしてもオススメです。

【部族】ナバホ族
【アーティスト】Tommy Jackson
【ターコイズ】ナチュラルビズビー
【石のサイズ】11mm×6mm
【最大幅】24mm
【リングサイズ】14.5号
【シルバーの厚み】2mm

●Tommy Jacksonについて
1958年に生まれ、1973年からジュエリーを作っています。
ハイグレードの石を使った重量感のあるスタンプワーク、現代的なデザインのインレイなど彼のジュエリーのスタイルは非常に幅広く、ヨーロッパのトレーダーにも大人気です。
彼のジュエリーはインディアンジュエリーとしてももちろん、現代的な宝石のようなジュエリーとして扱われることが多くなっています。
彼の刻印にはクリスチャンであることを示す、魚のマークが使われることが多いです。

●Bisbeeについて
アリゾナ州にあるビズビー鉱山でとれるターコイズです。
ビズビーも銅山で、ターコイズが発見されたのは6キロも深い地下だったそうです。
そこからとれた石は深い紺~黒に近いような青色に茶色~黒のマトリックスが入っており、色が非常に特徴的で人気のあるターコイズの一つになっています。
中でも、曇っているように見えるマトリックスが入っているものはスモーキービズビーやラベンダーなどと呼ばれ、コレクターアイテムの一つとなっています。
青色が濃く、その中から染み出しているようなマトリックスが入っているものが人気が高く、高価になります。

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

  • 2017.07.05 UP

Phyllis Coonsis ビズビークラスターピアス
Phyllis Coonsisのナチュラルビズビーを切り出したクラスター作品です。
ラフの石からカットした美しい色合いの限定作品。
豪華な印象のあるクラスターもビズビーを使うことでシックにまとまっています。
石を削らなくてはいけないクラスタージュエリーに希少なビズビーターコイズを使用する事は大変まれで、大変贅沢で特別なジュエリーです。

部族;ズニ族
アーティスト;Phyllis Coonsis
素材;Sterling Silver
ターコイズ;ナチュラルビズビー
石のサイズ;7mm x 3mm
幅;22mm

※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。

●Phyllis Coonsisについて●
1960年生まれで、1970年代より祖母であるMyra Qualoに習いジュエリー制作を始めました。
そして兄弟のHarlen Coonsisの元で更に技術を磨いたそうです。
彼女の得意とする絶妙な色合いのクラスター(花形)ジュエリーは女性アーティストならではの感性が光っています。
まるで貝や石を絵の具のように色鮮やかに細部まで丁寧に仕上げたジュエリーは、身に付けた人を一段と美しくみせてくれます。
ジュエリーを作る事を楽しんでいる彼女の作品は見ているこちらまでハッピーな気持ちにさせてくれます。

●Bisbee鉱山について●
アリゾナ州にあるビズビー鉱山でとれるターコイズを指します。
ビズビーも銅山で、ターコイズが発見されたのは6キロも深い地下だったそうです。
そこからとれた石は深い紺~黒に近いような青色に茶色~黒のマトリックスが入っており、色が非常に特徴的で人気のあるターコイズの一つです。
中でも、曇っているように見えるマトリックスが入っているものはスモーキービズビーやラベンダーなどと呼ばれ、コレクターアイテムの一つとなっています。
青色が濃く、その中から染み出しているようなマトリックスが入っているものが人気が高く、高価になります。

  • 2017.06.01 UP

SCALA ラフィアストローサファリハット
あえて粗めな織り模様が新鮮なサファリハットです。
ラフに使い込んで風合いを出したくなる一品。
素材はマダガスカル原産の椰子(やし)の葉を加工した天然素材です。
ストロー素材は乾燥すると折れやすかったりしますが、ラフィアは天然樹脂を含んでいるので柔軟性があり、使い込むごとに柔らかくしなやかになります。
また、ハットベルトは横うねがはっきりとでた特徴的なグログランリボンを使用。
カンカン帽を彷彿とさせる上品な雰囲気です。
白シャツにショーパン、そんなスタイルにもぴったりなゆるめな大人カジュアルスタイルが楽しめます。

ブランド;SCALA
素材;ラフィア/ポリエステル
仕様;スウェットバンド/グログランリボン
カラー;ナチュラル
サイズ
S/Mサイズ・・・頭周り57cm /高さ12cm /つば7.5cm

L/XLサイズ・・・頭周り58cm /高さ12cm /つば7.5cm


◆SCALA (スカラ)
1921年カリフォルニアに設立したDORFMAN PACIFIC COMPANY(ドーマン パシフィック社)が手掛ける人気のブランドです。
本国アメリカでは信頼と実績の高いメーカーとして知られています。
近年、日本国内でもオリジナリティ溢れるデザインと、しっかりした機能性で人気上昇中です。
天然素材を活かしたハンドメイドながら、価格はリーズナブルなのが人気の秘密です。

  • 2017.05.28 UP

COUNTRY GENTLEMAN フェデラハット メイソン
スタンダードなティアドロップならシャツにもTシャツにも合わせやすいシルエットです。
小ぶりなツバと柔らかなペーパーストロー素材がカジュアルな雰囲気をかもし出しています。
編地はあらめなので通気性がよく、クラッシャブルなので折りたたんで持ち運びやすい仕様。
さらっと被るだけで様になる大人顔なハットです。

ブランド;COUNTRY GENTLEMAN
素材;ペーパー55%/ポリエステル45%
仕様;クラッシャブル/スウェットバンド
カラー;ナチュラル
サイズ
Mサイズ・・・頭周り57cm /高さ12cm /つば5cm
Lサイズ・・・頭周り59cm /高さ12cm /つば5cm

◆COUNTRY GENTLEMAN(カントリージェントルマン)

1921年ニューヨーク・マンハッタンに設立したハットメーカー。
カントリーサイドやアウトドアをテーマにデザインされた、スタンダードな型が特徴のハットカンパニーです。

  • 2017.04.09 UP

Rockmount スカルウエスタンシャツ
老舗Rockmountのユニークなスカル柄のシャツです
。”Day of the Dead Skull”と銘打ったこの柄、メキシコの陽気なスカルたちが花々と共に散りばめられています。
超!個性的な柄ですが、落ち着いたトーンの配色で実はさらりと着こなせてしまいます。
シルエットは貫禄あるトラディショナルスタイルではなく、スタイリッシュなスリムフィット仕様。
普通のシャツにはもう飽き飽き、という方に!

ブランド;Rockmount
生産国;USA
素材;コットン100%
仕様;ダイヤモンドスナップ/ソートゥースポケット×2/アンブレラヨーク
サイズ;14.5サイズ…着丈71cm/身幅49cm/肩幅42cm/袖丈62cm
    15.5サイズ…着丈75cm/身幅52cm/肩幅47cm/袖丈64cm
    16.5サイズ…着丈77cm/身幅58cm/肩幅51cm/袖丈62cm

※写真はイメージです。写真と柄や色見などが異なる場合がございます。
※サイズは多少の誤差がございます。

●Rockmount(ロックマウント)●

アメリカ・コロラド州デンバーで、1946年に創立した老舗メーカー。
ウエスタンシャツの特徴ともいえるスナップボタンを、初めて採用したメーカーでもあります。
それまでのウエスタンシャツと一線をを隔す、すっきりとした細身のシルエットに、”ダイヤモンドスナップボタン””ソートゥース(鋸歯)ポケット””ウェスタンヨーク”などの伝統的なディティールが特徴で、創業当初から変わらぬスタイルを受け継いでいます。
レーガン大統領やボブ・ディランなど、数々の著名人に愛され、また数多くのウエスタン映画の衣装協力もしており、ウエスタンファッションの代表ブランドとしての地位を揺るぎないものとしています。
製品のほとんどがMade in USAです。

  • 2017.02.16 UP

SunshineReeves スタンプワークバングルウォッチ
ナバホ族、サンシャインリーブスのスタンプワークを施した、バングルウォッチです。
アクセサリー感覚で身に着けられるアイテムなので、シンプルに一個で決まるアクセサリーをお探しの方にはオススメです。
バングルタイプの時計は一度身につけたら、その重厚感がクセになる着け心地です。
これから新生活を向かえる学生さんや、社会人の方へのプレゼントとしてもオススメです。

【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Sunshine Reeves
【幅】30mm
【内周】138mm
【文字盤のサイズ】直径18mm

●Sunshine Reevesについて
おなじみゲーリーリーブスの2歳下の弟、サンシャインリーブス。
本名はDaniel Reevesです。
巧妙なスタンプと、重厚なシルバーが特徴です。
兄ゲーリーは裏まで届きそうな深いスタンプ、ワイルド&オールドなスタイルに対して、サンシャインは繊細でずれの少ない正確なスタンプといった感じです。
中でもシャドーボックスと呼ばれるタイプは日本でも非常に人気があります。

  • 2017.01.09 UP

FILSON マッキーノウール ベスト
Mackinaw Wool Vestヘビーデュティーな24ozオレゴン州産100%バージンウールのみを選別して使用した、フィルソンのベストセラーベストです。
本品に使用されているマッキーノウールは、フィルソンが100年以上作り続けているこだわりの素材で、アメリカ・オレゴン州産のバージンウールの中より高品質のもののみを厳選して作られています。
もともと野外でのワークウエアとして作られているので、水分を多く含んでも快適な着心地を保てます。
保温効果が高く、耐久性、通気性に優れています。
寒いアウトドアシーンの防寒着として、また普段の重ね着にも通年重宝する一枚です。
春先はシャツの上に、冬場はスウェットやセーターなどカジュアルな重ね着にもよく似合います。
ベーシックカラーなので、スーツの下に合わせても恰好がつくマルチに使えるベストです。

material;
バージンウール100%

color; GREEN, BROWN, BLACK, NAVY, GRAY

detail;
・フロントボタン×5
・ハンドフォーマーポケット×2、
・胸ポケット×2(左胸ポケット 3本ぺンシルスロット付)

size; 別途サイズ表参照

MADE IN USA


◆FILSON (フィルソン)
1897年にワシントン州シアトルで設立されたアウトドアウエアのメーカー。 設立当初はゴールドラッシュに挑むためのワークウエアを作り、その頑丈さが評判を呼び、ハンターや木こりなどの屋外用ワークウエアとしても利用されるようになりました。ウールの原毛を刈る作業より製品になるまでに、現在でも6年以上かけるこだわりのクオリティは他の追随を許しません。 創業者の言葉 「Might as well have the best」(最高のものを持った方がよい) を今でも忠実に守り続けています。

INFORMATIONS

  • 2016.12.20 UP

Harvey Mace フェザーリング
ハーヴィーメイスのゴールドライン入り、イーグルフェザーリングです。
羽根の中心部分には12金メッキを使った2トーンでデザインされています。
細かい羽の一本一本までハンドメイドで刻まれています。
ネイティブアメリカンにとって、イーグルは神のメッセンジャーとされており、儀式の際にはイーグルフェザーは欠かせないアイテムとなっています。
今ですと他のデザインのモノや、サイズ展開も幅広くご用意しております!!
お守りとしてギフトにもオススメのジュエリーです。

みなさまのご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。



部族;ナバホ族
アーティスト;Harvey Mace
素材;Sterling Silver・一部14KGF

  • 2016.12.18 UP

Steven J Begay オーバーレイペンダントトップ
URL:http://shop.malaika.jp/
故・スティーブン・J・ビゲイの、ナンバーエイトを使用したペンダントです。
ナンバーエイトらしい、ドライな質感のターコイズを、
Jビゲイらしいアシンメトリーなオーバーレイで飾っています。
【部族】ナバホ族
【アーティスト名】Steven J Begay
【全体のサイズ】39mm×32mm(バチカンを除く)
【石の種類】ナチュラル・ナンバーエイト
【石のサイズ】21mm×16mm
【バチカンの内径】10mm×8mm


♦スティーブンJビゲイ♦
アリゾナ州ウインスロー在住。
彼のスタイルとして特徴的な大胆なカットと全体的に丸みを帯びたオーバーレイは、ホピ族のオーバーレイとはまた一味違ったスタイルで、日本はもちろん全米各地からも大変人気があります。
数多くのトップアーティストが出展し世界各国から来場者が訪れる大変有名なサンタフェ・インディアンマーケットにおいてネックレス部門1位獲得など多数の受賞歴を持つトップアーティストです。
ホピ族のオーバーレイとの違いは、下地のシルバープレートに彫りがない事や端の部分が丸くカットされている事です。
そして彼のジュエリーはずっしりと重量感があり、不思議と肌に馴染む風格漂うジュエリーばかりです。
同じ物は作らないという彼のこだわりらしく、どれも違う個性を持ったものばかりで、ナバホ族が昔から大事にしてきた気候に関するシンボルや植物をモチーフにして作られています。
彼が相撲取りのように大きな体というのはとても有名な話ですが、小さなお孫さん達に囲まれて笑う姿がとても印象的でした。


♦ナンバーエイトターコイズ♦
ターコイズファンの中でも1.2の人気を誇るナンバー8ターコイズ。ネバダ州の鉱山で、開山していたのは1929年から1961年まで。
青~空色にいわずと知れた黒~金色のスパイダーウェブが入っているのが特徴です。
中でも細かいマトリックスがぎっしりと隅々まで入り、深い青をしているものは非常にハイグレードです。
希少で人気が高いため、市場に出回るのはコレクターが収集していたものを手放したものがほとんどです。
もちろん、閉山している鉱山なので非常に価値があるターコイズです。

  • 2016.12.16 UP

☆Woolrich☆ラムスキン レザー アビエイターハット
URL:http://shop.malaika.jp/tomhorn
【WOOLRICH】
Lambskin Aviator Hat 劇中に出てきそうな飛行操縦士の帽子・アビエイターハット、アウトドアの老舗ウールリッチなら高級感が違います。
贅沢にもラムスキンとラビットファーを組み合わせた本格仕様! ラムスキンは生後1年以内の子羊の革で、羊革の中でも柔らかくて軽いという特徴を持ちます。
また羊革ならではの、断熱性の高さも兼ね備えています。
またフェイクファーには出せない、ラビットファーのリッチな肌触りをお楽しみ頂けます。
防寒効果の高さはもちろんのこと、見た目にも暖かそうです。
裏地にはブランドの代名詞とも言えるバッファローチェックのウール生地を採用。
ちょっとした演出がこだわり派には嬉しいポイントです。


Material;表地-Lambskin・裏地-Rabbit Fur

Color; BROWN
 
size; M, L, XL

  • 2016.11.27 UP

【Coronado Leather Co.】 2つ折り財布
シンプルながら高品質なアイテムに定評のある、コロナドレザーの2つ折財布です。

サンディエゴにある自社工房でハンドメイドで仕上げられた一品。

最高級の素材をディティールに拘って仕上げた、クラフトマンシップを感じさせる本格的な佇まいです。

“堅牢さを追求し、物の本質に迫る”というコロナドレザーのポリシー、さすがカリフォルニア警察御用達のメーカーならでは。

Color & Material;
BLACK---ホースハイド クロムエクセルレザー・ブラック
BROWN---オイルド・アメリカバイソン
DARK BROWN---ホースハイド クロムエクセルレザー・#8
LIGHT BROWN---ステアハイド


Size; 11cm×9cm (2つ折にした状態で計測)


≪内部構造≫
カードケース×3
スナップボタン式小銭入れ(マチ付き)
御札入れ(JAPANESE YENも対応可)


Made in USA

♦Coronado Leather Co. (コロナドレザー)♦
1981年、カリフォルニア・サンディエゴで、Carol LaulomとDanny Laulomの、レザー職人夫婦がふたりで興したレザー工房が始まりです。
地元警察に拳銃用のホルスターを納めていたところ、その作りの良さが認められ、現在では多くの警察官用のハイクオリティーなレザーアイテムを納めています。
品質に定評のあるHorween社のレザー(アメリカバイソン・ステアハイド・クロムエクセルレザー等)が使用されていることと、警察官のハードな使用に耐えうる丈夫で堅牢なつくりが特長です。

  • 2016.11.20 UP

Jesse Robbins コイン ナジャペンダント
ジェシーロビンズ作・コインをそのまま使用したペンダントです。こちらは古いモルガンダラー銀貨をそのまま活かしてナジャに仕立てたもの。ヴィンテージジュエリー好きにもたまらない作品です。

♦ジェシーロビンズについて♦
Jesse Robbinsは1982年アリゾナ州プレスコット生まれのアーティストです。アメリカ南東部に先住するクリーク族で、母がインディアンジュエリーの熱狂的なファンであったこと、周りにシルバースミスが多くいたことから子供のころからインディアンジュエリーに強い影響を受けて育ちました。大学では考古学を学びインディアンの歴史的背景を勉強し、現在も考古学者としての活動も行っています。彼の師匠であるランディ「ババ」シャッケルフォード氏、Jock Favourとの出会いにより、インディアンジュエリーの伝統的な手法を身につけ、1920年代から40年代の初期の時代のような作品を作っています。

♦モルガンダラー銀貨♦

1900年前後に流通したアメリカ合衆国の1ドル硬貨(製造期間1878-1921。但し1905-1920年の間は製造されていない)。銀90.0%・銅10.0%。硬貨のデザインを担当したイギリスの彫刻家、ジョージ・モルガンにちなんでモルガンダラーの愛称で呼ばれ、表面に自由の女神、裏面にイーグルが刻まれています。洗練されたデザインとその大きさ、そして何より西部開拓時代を象徴するコインであることから、ヴィンテージコインの中でも特に人気のあるコインです。 

  • 2015.12.07 UP

☆NEW☆FILSON!!
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/
新商品☆FILSONの『モールスキンベスト』と『シアトルフィットジャケット』
F
ILSON(フィルソン)は1897年、ワシントン州シアトルで設立されました。ゴールドラッシュに挑むための“アウトドア・クロージング・メーカー”。それが、FILSONを端的に表した言葉です。

FILSON(フィルソン)のアイテムの用途はもちろん金の採掘。ウェアにとっては劣悪な環境であることは言うまでもありません。FILSONのウェアは、その場で酷使されても耐えうるよう、上質な天然素材を使用し、徹底して「強い」設計・縫製でウェアの生産を開始しました。

いつの日からか、アラスカ、北西部で働く人々にとって、「FILSON」のロゴはイコール信頼である、とまで言われるようになっていました。

ウールは、原毛を刈り取ったあと、ジャケット、バッグなどの製品を作り上げるまで、いまも2年以上の歳月をかけるこだわりで取り組んでいます。その頑固は、アメリカの森林警備隊や木こり。ハンティングを生業とする人。そして冒険家。

FILSON(フィルソン)は彼らのように厳しい自然の中で、真のクオリティが必要となる人々に愛され続けています。また、アメリカの軍隊。空軍や陸軍のスタッフ用として使用されている製品があります。素晴らしい品質と、頑強さには逸話も数多く、「親から子へ。そして、子から孫へ」着つがれる、と言われています。

まさに、究極のアメリカンブランド。
是非、一枚持ちたい拘り商品です!

是非MALAIKA MITI 北館5階へお越しくださいませ。

  • 2015.05.29 UP

★NEW☆Itemes★
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/
アメリカ直輸入のインディアンジュエリー
当店初入荷アーティスト!!
白人アーティストの【Randy 'Bubba' Shackelford】のペンダントヘッドが入荷しました!

ハート型の中心に小さなパージャンターコイズがはめ込まれています。
インゴッドシルバーならではのぬくもりと古さを残した絶妙な仕上がりです。
裏には『POWER』の文字とサンダーバードが刻まれている遊び心のあるペンダントヘッドになってます。
一点ものになりますので是非お早めにお越しくださいませ。

●Randy'Bubba'Shackelfordについて
コロラド州ドランゴに生まれた白人アーティストであるランディ。現在ではアリゾナ州プレスコットでジュエリーを作っています。同じく白人アーティストであるジョックフェーバーにバックルを作るように頼んだところ、自分で作ったらどうかと提案され、シルバーワークを開始しました。古いインディアンジュエリーを集めることが昔から好きだったという彼は、ジョックフェーバー同様、有名な白人のインディアンジュエリーアーティスト。Bubbaというのは、ババという彼のニックネーム。彼の刻印にはFTC(Falcon Trading Company)という彼のギャラリーの名前が刻まれています。

  • 2015.05.28 UP

☆Charleston Lewis☆
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/?p=2321
Hopi族☆Charleston Lewis☆
チャールストンルイスのオーバーレイペンダントです。
下部にビズビーを使用し、サイドには火が刻まれたデザインになっています。チャールストンの代表作、3Dサンフェイスを一味違った形で楽しみたい方にお勧めです。
一点物になります。
是非ご来店お待ちしてます。

●Charleston Lewisについて
ホピのShungopavi村に生まれ、1992年からジュエリーを作成しているチャールストンルイス。
若いホピアーティストで、3Dのような立体的なジュエリーを作るのが彼の特徴です。
サンフェイスが飛び出しているような 何層にもなったオーバーレイが非常に斬新です。イーグルやドクロなどをモチーフにして、男性に人気があります。

●ビズビーについて
アリゾナ州にあるビズビーでとれるターコイズ。ビズビーも銅山で、ターコイズが発見されたのは6キロも深い地下だったそうです。そこからとれた石は深い紺〜黒に近いような青色に茶色〜黒のマトリックスが入っており、色が非常に特徴的で人気のあるターコイズの一つになっています。中でも、曇っているように見えるマトリックスが入っているものはスモーキービズビーやラベンダーなどと呼ばれ、コレクターアイテムの一つとなっています。青色が濃く、その中から染み出しているようなマトリックスが入っているものが人気が高く、高価になります。

  • 2015.05.27 UP

☆★NEW ITEMS★☆
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/?p=2582
Navajo族☆★Sunshine Reeves★☆
今、大人気のスターバングルが入荷しました!
他にも、多数取扱いしてます!
是非お早めにご来店くださいませ♪

●Sunshine Reevesについて
おなじみゲーリーリーブスの2歳下の弟、サンシャインリーブス。 本名はDaniel Reeves。
巧妙なスタンプと、重厚なシルバーが特徴です。兄ゲーリーは裏まで届きそうな深いスタンプ、ワイルド&オールドなスタイルに対して、サンシャインは繊細でずれの少ない正確なスタンプといった感じです。中でもシャドーボックスと呼ばれるタイプは日本でも非常に人気があります。

  • 2015.04.08 UP

国内初☆Home☆
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/
ノースカロライナ発アメリカで今注目のブランド『HOME』

今回TOM HORNでの取り扱いが国内初となります!!

『様々な意味を持たせた HOME。』
2011年にノースカロライナ州で設立されたブランド、『HOME』
HOMEと一言で言えばそれは単なる『家』を指すだけでなく
『故郷』 『我が家』 『本拠地』
など様々なイメージを連想させます。
そんな言葉の面白さを自分のルーツに誇りをもつアメリカ人らしい発想でデザインしています。
ブランドロゴはノースカロライナ州の形の中央に『HOME』を入れたデザイン。
プリントはアメリカ国内にてハンド・シルクスクリーンでプリントされ素材も肌触りに拘ったワンランク上の仕上がりとなっており耐久性にも優れたTri Blendという生地が採用されいます。
シルエットもすっきりと美しいラインです!
是非お早めにご来店ください☆

  • 2015.01.24 UP

☆オススメコーデ☆
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/
オリジナルブランド「TOMHORN」からオススメのコーディネートをご紹介☆

老舗メーカーの人気商品で、春先も使えるアイテム充実の冬コーデ!

“写真上から”
ジェレマイア リバーシブル ダックダウンワークベスト¥ 9,000
アルテサニア エクアドル ウール カウチンセーター ¥ 9,100
ロックマウントフランネルウエスタンシャツ長袖    ¥ 8,400
ストライクゴールド レギュラーシリーズ 14oz ¥ 22,680
バスティン 北米インディアンモカシン メンズ     ¥ 13,300

モデル着用インディアンジュエリーの詳細は店頭までお問い合わせ下さいませ。
※税込価格表示です。

皆様のご来店心よりお待ちしてます☆

  • 2015.01.20 UP

War bonnet!!
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/?p=2143
MADE IN USA ナバホ族 ハンドメイドのインディアンの羽根飾り、「ウォー・ボンネット」!
ウォーボンネットはもともとは平原インディアンのものでしたが、全米各地でおこなわれるパウワウ(インディアン特有の祭)の影響で、今ではいろんな部族の人たちがつけて踊ったりしています。
ただの装飾品ではなく、羽根の1つ1つに命懸けの大変な手柄に よって得られるもので、その為必ずしも大酋長などが被るものではなく、実力がある者が被ることを許されています。
そんな血と涙のストーリーがある「ウォー・ボンネット」是非、一度ご来店しご覧下さい☆
ご来店心よりお待ちしてます!

  • 2014.12.03 UP

これからの季節に☆PENDLETON☆
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/?p=1898
PENDLETON、続々入荷しています!
ブランケットにはPENDLETONの代名詞でもあるバージンウールを使用。ウール製品特有のチクチク感が無く、肌触りも快適です♪防水性や耐久性にも優れているので、10年以上経っても現役で活躍してくれる頼もしいパートナーでもあります。
小物製品には肌触りだけでなく保温性、通気性、軽量性にも優れたメリノウールを使用。また、雑菌がつきにくく臭いにくいという利点も◎
その他バッグやシャツ、ジャケットなど、どんどん入荷しております!
暖かく柔らかい色をネイティブ柄に織り合わせたPENDLETON。これからの寒~い季節に思わずホッとするようなひと時を提供してくれること間違いなしです。
是非この冬に、お気に入りの一点を見つけてみませんか?
ご来店心よりお待ちしてます☆

  • 2014.10.29 UP

Indian jewerly☆NEW☆
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/
10月28日本日、indian jewerly新商品入荷しました!
Freddie Maloney、Charleston Lewis、Harvey Mace...etc
人気アーティストから、ハイグレードターコイズ等、ネィティブアメリカンによるハンドメイドジュエリー。
詳しい商品情報はBLOGにてご紹介してます☆
ご来店お待ちしてます。

  • 2014.08.31 UP

『FrostRever』
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/
ミネソタ州にあるカナダの国境に接した五大湖・スペリオル湖のほとりの町、ダルースで誕生しまた、フロストリバーの歴史はおよそ250年。
旧き良き時代の先人達の知恵を見事に体現させたバックパックのメーカーです。

ダルースはめさび鉄山の積出港として栄え、古くよりカヌーでの移動が一般的だった為、その環境の中でも快適に使用できるカヌーパック作りからメーカーはスタートしました。

装飾よりもタフさ本来の機能性を重視し、旧き良き時代のオールドアメリカを継承しています。

厳選された素材へのこだわり、オールハンドメイドというクラフトマンの誇り、ものつくりへの正直な姿勢が、今日の最高水準の品質へと繋がっています。

カヌーの移動手段が生活の一部だった町だからこその“防水加工”
使い勝手を追求したからこその“丈夫さ”と“軽さ”
クラフトマンシップが詰まった本当の意味での“使いやすさ”を追及したディティールの数々です.
是非ご来店心よりお待ちしてます☆

  • 2014.08.15 UP

9/20(土)Ernie Listerデモンストレーション!
URL:http://www.malaika.jp/blog/umekita/?p=1360
インディアンジュエリーの真髄に迫る時が来た!
部族のアイデンティティを求め、魂を込める。
生きながらにして伝説の男。
神聖な伝統を繋ぐ伝道師がついに来日。

2014 9/20,21,23
13:00 Start
20日(土)  大阪会場   グランフロント大阪北館5階 MALAIKA MITI うめきた店
21日(日)  名古屋会場  MALAIKA 大須店
23日(火・祝)東京会場   MALAIKA MITI 青山店 

Ernie Lister(アーニーリスター)
1953年生まれ。アリゾナ州プレスコット在住のインディアンジュエリーアーティストです。
義理の兄弟でもある、かの有名なペリー・ショーティーに彫金を教えた人物。
昔ながらの伝統的な手法でシルバージュエリー制作を行う事を貫き、他では見られない大胆なデザイン、スタンプワーク、石使いが魅力です。モルガンダラーなどのアンティークコインシルバーを溶かして使用した物から、通常のシルバーを使う際もアンティークコインシルバーを混ぜ込むなど、彼の質感へのこだわりは尽きる事がありません。
シルバースミスであるとともにメディスンマンでもある彼の作品には、古来から息づくネイティブアメリカンの伝統が宿っています。

ショップリストへ戻る

MOBILE SITE ケータイでQRコードを読み取ってください。

このページの上まで戻る